住民でつくる花と緑のまち[南城市字つきしろ]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

地域情報(街・人・文化)

2019年12月6日更新

住民でつくる花と緑のまち[南城市字つきしろ]

[歩いて見つけた!地域の住み心地-34-]那覇空港自動車道から延伸する南部東道路のインターチェンジ整備計画がある南城市つきしろ。長年空き地のままになった土地が多く、“ゴーストタウン”とも呼ばれていたが、地域住民の美化活動で街の雰囲気は変わったようだ。地価は10年内で約2倍まで上昇、海岸部を一望できるロケーションも魅力でファミリーよりも単身者の部屋探しが多いようだ。

新設道路に期待感も

地域協働で風評拭う
南城市の高台にある字つきしろは、主に一戸建て住宅が広がり、地域の北側には中城湾を一望できるロケーションを生かしてカフェが並ぶ通りがある。地域内は沿道だけでなく住宅の周り、家がまだ建っていない土地も手入れされ、花や緑で飾られている。

同地域周辺では那覇空港自動車道と連結する南部東道路のインターチェンジが計画されており、完成すれば那覇から車で約30分圏内に。市内の拠点になるまちづくりも検討されているようだ。

「字つきしろ」ができたのは2013年。それまでは佐敷・玉城・知念の3地域にまたがっていた。つきしろ自治会長の新城辰夫さん(79)は、「魅力の無い、遅れた地域」と当時の様子を振り返る。本土復帰を機に宅地開発されたが、「約8割が県外の地権者で長らく家が建たなかった」。ごみ出し日が場所によって違い、「毎日ごみがあふれていた」。空き地には草木が茂り不法投棄も目立った。霧が立ちこめることもあり「ゴーストタウンと呼ばれていた」。

新城さんが自治会長を務め始めてから、住民に協力を仰ぎ、「自分たちでできること」として地域の美化活動に励んだ。「ゴーストタウンという風評を拭いたいという気持ちだった。今では、他地域の人から『つきしろは変わったね』と言われるようになった」と新城さん。住民協働の地域づくりは13年に総務大臣表彰を受けたほか、今月15日に沖縄コンベンションセンターで開催される「全国育樹祭」式典でも表彰されるという。

単身者に魅力的な立地
地域の不動産の状況について、(株)南新物産南風原本店の売買担当者は「ここ2~3年でかなり地価が上がったイメージ」と話す。「交通が不便、湿気が多いといった地域のイメージがあり7、8年前は人気のない地域で、坪当たり4万~5万円でも数年売れないといった状況だった。現在はメイン道路から中に入った住宅地で坪当たり10万~12万円くらいに上がっている」

賃貸では「海が見える、閑静な住宅街ということで、県内外の単身者が部屋を探しにくる」と同社賃貸担当者。賃貸物件は築10年以下の比較的新しい物件はすぐ借り手がつくという。「地域にアパートが少なく、築30年以上の物件に若干空き室があるよう。駐車場1台分無料の物件が多い。一戸建て賃貸は家賃が月10万円以内で、空きが出るとすぐ次の入居が決まる」

一つの字として再スタート、住民協働で続けてきた美化活動などを通して、地域には一体感が生まれたようだ。新城さんは「地価も上がり、家も増えてきた。地域としては未熟かもしれないが、新しい道路ができて変わってほしいと思う」と語った。


住宅地の向こう側からは中城湾を一望できるルン♪
庭の手入れをする人、子どもたちが遊ぶ姿も見られたよ




つきしろの街展望台から地域を見る。手前のドーム状の建物が公民館。2階建て程度の一戸建て住宅が多く、公民館の裏手、知念志喜屋との境辺りに新しいアパートが数件ある


家が建っていない土地は住民らが草刈りなどの管理をしている。遠隔地に住む地権者から許可と管理料を得て、ヒマワリやコスモスなどの花畑を作っているという。果樹園や区民農園もある


新しく建てられた一戸建て住宅もところどころで見られる。地域内は比較的平坦になっている

◆エリアマップ◆


※南部東道路の道路線形、つきしろIC周辺地区の範囲はイメージです

学校区
佐敷小学校、佐敷中学校(13年4月以降)。知念小学校や百名小学校に通う子どもたちもいる

家賃
ワンルーム~1DKは3万7000円程度、1LDK~2DKは5万円前後。2LDK以上は5万6000円~。駐車場付き物件が多く、1台目無料で2台目以降は要確認、別途料 金がかかる

土地の価格
坪当たり10万~12万円。2~3年でかなり上がった

バス
地域内3バス停で系統41番(那覇~百名)と「南城市コミュニティバスNバス」B1・B2(ニライつきしろ線)、A1(知念佐敷線)が運行



ライトアップに歓喜

つきしろ自治会は12月1日、同公民館前でイルミネーションの点灯式を行い、多くの地域住民が訪れた。

参加者のカウントダウンで点灯し、一面の電飾に光りがともると同時に子どもたちから歓喜の声が上がった。豚汁がふるまわれ、地域出身の高校生やシニアらが創作琉舞や棒術などを披露した。自治会長の新城さんは「子どもたちに地域への愛着や誇りを感じてほしい。ことしで11回目になるが、少しずつ飾りも増やして続けていきたい」と話した。イルミネーションは12月中点灯する予定だという。


つきしろの賃貸物件
広々LDK 車2台駐車可

南新物産南風原本店が紹介するのは、同地域内の3LDKのアパート。担当者は「リビングダイニングが約10帖と広々。駐車場が2台分確保でき、ファミリーにおすすめ」と話す。家賃は共益費含め月4万3500円。駐車場は1台分無料で2台目は月3000円。

問い合わせは同社(電話=098-889-4007)まで。


編集/川本莉菜子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1770号・2019年12月6日紙面から掲載

地域情報(街・人・文化)

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:57

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る