From沖縄建築賞[7]第5回建築賞 10作品が一次通過|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

沖縄建築賞

2019年4月26日更新

From沖縄建築賞[7]第5回建築賞 10作品が一次通過

県内の優れた住宅や一般建築、建築士を顕彰する沖縄建築賞。2015年から始まり、今年で5回目を迎える。第5回沖縄建築賞には、住宅建築部門14作品、一般建築部門12作品の応募があった。その中から、各部門5作品が一次審査を通過した。

住宅建築部門
01 紡いでいく家
野里雅樹/(有)真玉橋設計事務所



07 4世代の絆育む平屋建住宅
山城東雄/(株)東設計工房



02 アカジャンガーの家
金城豊/(有)門一級建築士事務所



10 楚辺のコートハウス
池間守/(株)エー・アール・ジー



13 タテのアマハジで繋がる家
久志直輝/studio jag 1級建築士事務所





一般建築部門
11 JTAドーム宮古島
水間啓/(株)国建



07 オアシスバンク
宮城江利奈/(株)渡久山設計



10 Joy Chapel
福村俊治/チーム・ドリーム



01 マイフレンズ保育園
伊良波朝義/(有)義空間設計工房



08 記憶を継承する教会堂
安富祖理絵/合同会社アン一級建築士事務所

※作品名の前の数字は各部門におけるエントリーナンバーです。また、連名作品では応募代表者を掲載しています。



表彰作品は5月24日に発表
一次審査は4月5日、沖縄建築会館で行われた=下写真。住宅建築部門14作品、一般建築部門12作品の応募の中から、審査委員8人の投票と審議により、それぞれ5作品ずつが選ばれた。

現地調査・質疑などの最終選考で選ばれる表彰作品は、5月24日(金)の紙面、およびホームページ(https://sumai.okinawatimes.co.jp)で発表する予定。


 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1738号・2019年4月26日紙面から掲載

沖縄建築賞

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:759

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る