[マンション企画2019](株)東豊 コンフォート宜野湾オーシャンフロント(宜野湾市大山)|海辺の特等席|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2019年3月29日更新

[マンション企画2019](株)東豊 コンフォート宜野湾オーシャンフロント(宜野湾市大山)|海辺の特等席

宜野湾の海岸沿いに建つコンフォート宜野湾オーシャンフロントは眺めを重視した間取りで、180度に広がるパノラマビューを実現。都市機能とリゾートを両立させ、利便性と快適性を兼ね備えている。


目の前に広がる広大な海を毎日眺められるぜいたく

一日の海の変化を一望
大型商業施設が次々とオープンし、2018年には西海岸道路が開通したことで、新たなベッドタウンとして評価が高まっている宜野湾市大山に建設中なのが、14階建て、全86戸のコンフォート宜野湾オーシャンフロントだ。

中層階以上は、読谷の残波岬から慶良間諸島までを一望できるオーシャンビューが一番の魅力。夕景や夜景はもちろん、花火なども楽しめる特等席だ。(株)東豊企画営業部の外間政伸さんは「海の見え方にこだわった造りで、窓を大きく取り、中高層階の手すりは透明ガラスを採用。全戸対面キッチンなので、家事をしながら絶景を望むことができます」と話す。

間取りのバリエーションも豊富。2LDKから4LDKまであり、メゾネットタイプや50坪以上あるルーフバルコニーの部屋など、全13タイプ。

また、リビング・ダイニングと隣接する洋室の間仕切りを開放することでリビングを広くしたり、閉じることで趣味部屋として利用したりと、好みやライフスタイルに合わせてカスタマイズできるのも魅力のひとつ。低層階のバルコニーは標準約2メートルの奥行きを2.4メートルに拡大し、驚くほど広い空間を実現した。

期間限定のカラーセレクトプランでは、床4色、ドア4色、キッチン12色と、個性的なベースカラーを用意。部屋を広く見せて明るい印象を与え、飽きのこないシックで落ち着いた色味がそろっている。

「モデルルームでは、部屋の中からの眺めも体験できます。ぜひ足を運んでください」と呼びかけた。


リゾートホテルのような高級感と開放感を持つエントランス

ここがポイント!
★自由度の高い間仕切り
セルボイドスラブ工法を採用することで、小梁がなく、広い空間スペースを確保。また小梁がないことで、将来、部屋のリフォームが容易に可能に。

★玄関まで荷物をお届け
サービス提携事業者など特定の事業者のみが入館できるオートロック解除(時限暗証キー)システムの利用で、玄関まで荷物や新聞を届ける直達サービス。ネットスーパーなども安心して利用できる。

★コイン洗車場
エントランス横の来客駐車場には、コイン式洗車用水栓(有料)を設置し、快適なカーライフをサポート。

★電気自動車充電設備
電気自動車(EV・PHEV)屋外コンセントを18区間設置。


モデルルーム公開中!

宜野湾警察署近くにて、Cタイプ2LDKのモデルルームを公開中。内覧は予約制。午前10時~18時(水曜定休)。

<問い合わせ・予約>
(株)東豊
098‐875‐3115

[マンション紹介]
・(株)住太郎ホーム
ベアーズコート上勢頭(北谷町上勢頭)


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1734号・2019年3月29日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:980

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る