新しい那覇の顔 都心の色強める[那覇市おもろまち・真嘉比・古島]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

木立

スペシャルコンテンツ

地域情報(街・人・文化)

2017年12月25日更新

新しい那覇の顔 都心の色強める[那覇市おもろまち・真嘉比・古島]

[歩いて見つけた!地域の住み心地ー17ー]那覇市北部の国道330号沿線、那覇新都心の街びらきを皮切りに発展し続けるエリア。戦中戦後のつらい歴史を背景にもちつつも、大規模な商業業務エリア、モノレールなどの都市整備によって、今では新たな都心として生まれ変わった。周辺には集合住宅が並び、都心の波及力はいまだ衰えを知らない。

都市整備でにぎわい


焼け野原から一変

那覇新都心の「街びらき祭」から15年。那覇市北部はめまぐるしく変わった。1999年に古島地区、2005年におもろまち地区、14年に真嘉比地区の区画整理が完了。モノレールなど公共交通が充実し、まさに新たな都心として発展してきている。
ここ一帯の区画整理は、戦中・戦後の混乱なしには語れない。今のおもろまち地区の原形であった銘苅集落と、真嘉比・古島地区は、戦前は、田イモやサトウキビ畑が広がる農村地帯だった。しかし、沖縄戦の際、シュガーローフの戦いで知られるように、激戦地となり、あたり一帯は焼け野原となった。戦後は、米軍の「牧港住宅地区」として土地が接収され、人々は周辺の地域に移住することを余儀なくされた。戦後、豊かな農地は、米軍基地と、密集した住宅地へと変貌した。
本土復帰を機に一帯の区画整理が進み、最初に事業が完了した古島地区は、一戸建て住宅が立ち並ぶ閑静な住宅街に。まもなくして、返還された米軍牧港住宅地区の跡地は、特におもろまち地区において、大型商業施設や行政施設などが立地し、にぎわいのある、都市型のまちづくりの色を強めた。さらに「ゆいレール」が開業し、まちが一気に盛り上がった。
おもろまち地区のにぎわいは、那覇中環状線を伝って真嘉比地区にも波及している。沿道では集合住宅の建設が進む。エリア内では新しい集合住宅の建設が進んでおり、今後も住宅の需要は高い傾向が続きそうだ。


便利・築浅で需要大

「新都心は土地のパワーが強い」と話すのは、(有)おもろハウジングの天久学代表取締役。便利な都市が人々を引き付ける求心力は強い。
天久代表取締役によると、充実した公共交通を利用し近辺のビジネス街で働く「県内の若い方や県外からの転勤者が多く、駅近くは単身向けで部屋が小さめ」。ファミリー向け物件だと、小学校が多いため需要はあるが、「物件が少ない」。その他にも、セカンドハウスや不動産投資の活用もあるという。
賃貸物件は「古くても築15年ほど、築浅の物件が多め」。相場は「駐車場別で単身向けの1k~1LDKが4万5千~7万円弱、2DK・2LDKが6万~8万円程度、ファミリー向けは部屋の広さにもよるが、3~4LDKが8万~13万円程度」。
土地の売買は「住宅地だと坪当たり平均60万~70万円、商業地だと100万~200万円。まだまだ需要が高く上昇気味」という。
「外観の化粧直しをしている取扱物件も増えてきた」と、天久代表取締役は装いを新たにするまちに期待を込めて笑った。




【1】末吉宮から古島、真嘉比方面を望む。写真奥右手にみえるのはおもろまち地区のタワーマンション。戦前は一面に田イモやサトウキビ畑が広がっていたのだろう



建物がいっぱいあって都会だね! モノレールもあって便利そうだるん♪



【2】真嘉比方面の那覇中環状線には中層の集合住宅が建ちはじめている


【3】真嘉比と古島の境にある道路の街路樹は、フィカスハワイという樹木。てっきりガジュマルかと勘違いしてしまう


※撮影ポイント1~3は写真1~3の撮影地点を示す
 

校区

小学校は、おもろまち1丁目・2丁目は泊小、3丁目・4丁目(一部)は天久小、4丁目(一部)は銘苅小。真嘉比1丁目~3丁目(一部)は真嘉比小、3丁目(一部)は松島小。古島1丁目・2丁目は松島小。中学校は、おもろまち1丁目は真和志中、2丁目は那覇中、3丁目は安岡中。おもろまち4丁目・真嘉比1丁目~3丁目、古島1丁目・2丁目は松島中。
 

家賃

駐車場別で1K~1LDKが4万5千~7万円弱、2DK・2LDKが6万~8万円程度、3~4LDKが8万~13万円程度。
 

土地の価格

住宅地は坪平均60万~70万円、商業地だと100万~200万円。




戦火をくぐった街路樹

道路の印象を変える

国道330号からおもろまち方面に入るときに一番目につくのは、中央分離帯に茂る大木だ。おもろまち地区をはじめ、那覇新都心内の街路樹は、牧港住宅地区の中に残っていたものもあるという。真嘉比地区、古島地区の街路樹も、通りによって種類が違う。気にかけてみると、通りの表情が変わって見えるかもしれない。

 

那覇市おもろまちの賃貸物件

分譲物件並みのセキュリティー

おもろまち4丁目の交通広場近辺で、(有)おもろハウジングの天久代表取締役が薦めるのが、「グランフォルシアおもろまち」だ。
鉄筋コンクリート造8階建てで、去年10月に新築された。6畳の洋室がある1LDKの角部屋で、家賃は月7万2千円。カードキー型オートロックで、「エントランスとエレベーターにもセキュリティーがついており、防犯はばっちり。単身女性でも安心できる」とPRした。
<問い合わせ>
(有)おもろハウジング
098-869-2208


※やーるんは、タイムス住宅新聞社のゆるキャラ。


編集/川本莉菜子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1667号・2017年12月15日紙面から掲載

地域情報(街・人・文化)

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:648

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る