[沖縄]アートを持ち帰ろう(10)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2022年1月28日更新

[沖縄]アートを持ち帰ろう(10)

文/本村ひろみ

幸せ運ぶごきげんな鳥たち

オブジェと過ごす親子のひととき

緑に包まれた公園のそばにあるギャラリーRENEMIA(レネミア)。一面ガラス張りのファサードは晴れの日も曇りの日もやわらかい光をギャラリーのなかに落としている。毎回企画展では、「こんな作品がリビングにあったら一日をすてきに過ごせそう」と思わせるアートやクラフトたちが並ぶ。DMが届くのが楽しみなギャラリーのひとつだ。年末に届いた“tui objet EXPOSITION”のハガキを見て早速足を運んだ。

心地よい手触りと重み

壺屋焼窯元育陶園とのアートワーク。イラストレーターMIREIさんの描くpeaceful gardenの鳥たちがオブジェになって誕生した。Tui=トゥイは沖縄の方言で鳥。なんとも愛らしい5羽の鳥のオブジェを手にのせてみると、その土(沖縄の赤土)のヒンヤリとした重さと手触りがとても心地いい。手のひらの安心感に心が落ち着く。
“peace,heart,happy,hope,think.”と名付けられた5羽の鳥たち。どの鳥も表情とたたずまいがやさしい。私は手の中にすっぽりと収まったhappyを専用のデザインが施された箱に入れてもらって連れ帰った。

毎朝鳥がやってくる窓辺に置こうか、それとも猫が寝そべるテーブルに置いておこうか。MIREIさんは鳥を隠して子どもたちに探してもらうと話していた。本棚にこっそりと鳥を隠す彼女とそれを探す子どもとの会話が目に浮かぶ。あたたかく幸せな光景。もう会期は終わってしまったけどまた会えるかな、ごきげんな鳥たちに。



「tui objet happy」H95ミリ×W110ミリ×D55ミリ 価格 7150円(税込み)



tui objetの5羽の鳥たち。それぞれの羽根の模様は専用のボックスにもデザインされている
 
作家近況
近況はインスタグラムで。
https://www.instagram.com/renemia_life/?hl=ja
tui objetはRENEMIAと育陶園Ethaで取り扱い中。


もとむら・ひろみ
那覇市出身。清泉女子大学卒業。沖縄県立芸術大学造形芸術研究科修了。ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2」でパーソナリティーを務める

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1882号・2022年1月27日紙面から掲載


 

特集・企画

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

キュレーター
本村ひろみ

これまでに書いた記事:13

ロマンチストなラジオDJ
那覇市出身。清泉女子大学卒業、沖縄県立芸術大学 造形芸術研究科修了。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「We love yuming2(毎週 日曜日 19時~20時)」でパーソナリティーを務める。

TOPへ戻る