紙面で開催!住まいの展示会|株式会社アーキラボ ラフィット|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

こども絵画コンクール

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2021年10月22日更新

紙面で開催!住まいの展示会|株式会社アーキラボ ラフィット

長引く新型コロナウイルスの影響により、さまざまなイベントが中止になっている。そこで今号は、住まいに関する展示会を紙面上で開催。新築一戸建てからリノベーション、設備・建材、住宅ローンまで、幅広い分野の12業者が集まった。

リノベーション
リノベで理想の暮らしへ|株式会社アーキラボ ラフィット

コンテストエントリー作品「“狭い”から“そばにいる”安心感へ。-増築しても21坪の家-」

コンテストエントリー作品「“狭い”から“そばにいる”安心感へ。-増築しても21坪の家-」

住宅のリノベーションを手掛けるアーキラボラフィット。代表取締役の徳里政俊さんは「古くなったものを交換するリフォームに対し、リノベはライフスタイルに合わせて住まいを改善する方法。必要に応じて水・電気などのライフラインや躯体の性能改修、間取りや内外装を刷新して、機能性や価値を高めています」と話す。

同社が重視するのは「デザイン」「住み心地」「価格」の三つのバランス。「既成概念にとらわれず、住み手と向き合い、一緒に理想の家を作り上げます」

ことし初めに手掛けた物件は、4人家族、18坪の家。「子が成長して手狭になり、増築したい」との要望があった。費用や工期を抑えるため、増築面積は建築確認申請が不要の10平方メートル以内に。それでもトータル21坪という狭さは、天井懐を撤去するなどして、空間の伸びやかさと広がりでカバー。部屋が視覚的につながる窓を設けることで「家族が近くに感じられる家にもなりました」

同物件は、リノベ代表作品を決める消費者参加型の全国コンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2021」にエントリー。コンテストホームページでは施主の声、施工費なども公開中だ。「ぜひご覧いただき、応援の『いいね!』をよろしくお願いします」とアピールした。


限られた面積の洗面室でも暮らしやすさを考えて収納スペースを確保
限られた面積の洗面室でも暮らしやすさを考えて収納スペースを確保
 


【問い合わせ】

電話098-988-5128
沖縄市明道1-3-2(2階)
午前9時~午後6時営業

関連記事:「紙面で開催!住まいの展示会 12業者紹介」


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1868号・2021年10月22日紙面から掲載

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1364

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る