築29年がモダンに|(有)エバデザイン|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2018年4月27日更新

築29年がモダンに|(有)エバデザイン

[お住まい拝見・実家の2・3階をリフォーム]3階建ての実家の2・3階をリフォームしたSさん。格子天井など使えるものは生かし、部屋の用途や内装を一新したことで、築29年とは思えないほどモダンに変身した。

きょうだい集まりやすく

Sさん宅
築29年/RC造/家族3人

2階は和室をなくしLDKを一続きにまとめて使いやすく。元あった木の格子天井を生かし、夫妻希望の白い内装に合わせて塗装したことで、モダンな雰囲気に


↑リフォーム前

結婚当初から新築にあこがれ、土地を探していたSさん夫妻。そんな折、夫人の両親が車イス生活になったため、きょうだいで資金を出し合い、実家の1階をリフォームした。「でも以前住んでいた2・3階は長らく空いたまま。親のことも気になっていたところ、建築士の兄から『リフォームでもこんなにキレイにできる事務所があるよ』と教えてもらって。シンプルモダンな雰囲気がまさに私たち好みで、即決しました」と夫人。

以前の間取りは、2・3階で公私を分けたつくり。2階は玄関から入って左手に台所と食事室と和室、右手にリビングと分かれていたため「行き来が多く不便でした」。とはいえ、設計は夫人の父親が手掛けたもの。建築士の勧めもあり、手の込んだ木の格子天井や、サッシや扉の枠など、使えるものは極力生かすことにした。

浮いた予算で家電も
完成したのは白を基調にしたモダンな住まい。2階の和室を取り払い、西側にLDKをまとめたことで奥行き11メートル、幅4メートルの大空間となった。

2階LDK。向かって右手の西側は一面、壁面収納になっているため、必要な物を必要な場所に納めることができて便利。一部はカウンターになっており、「将来、家事をしながら子どもの勉強を見られるように」と夫人


↑リフォーム前
以前の2階。手前から台所と食事室、和室と分かれていた

夫人念願のアイランドキッチンを入れても広々。「雑多なものは全てしまえるから、調理の最中に幼い長女がきても安心」と夫人。「目の前の壁に取り付けたテレビで料理番組を見たり好きな音楽を流したり、家事ストレスが減りました」と楽しげだ。Sさんのお気に入りは、西と北の壁一面に設けたL字型の収納。「たっぷりしまえる上、統一感もあってすっきり!」。好きな映画を思う存分楽しめるようにと入れた音響設備も、ケーブルが表に出ないよう計画した。

老後を見据えて3階から2階東側に移した寝室には、大容量のウオークインクローゼットを設置。3階の子ども室は、フローリングを磨き、内装は白でそろえた。

3階西側の寝室は、間取りはそのままに子ども室へと用途を変更。フローリングは研磨して再利用。2階同様、木の格子天井は生かし、壁や収納扉は白く塗装。明るい雰囲気に仕上げた

「格子天井は生かして大正解。父も喜んでくれました。兄家族も実家への帰りに寄ることが増え、集まりやすくなりましたね」と夫人。Sさんも「土地から購入し家を建てていたら、設備や家電までこだわる余裕はなかったはず」。一家はリフォームで新築以上の豊かさを手に入れた。

浴室と入れ替えスペースを広げた洗面室。階段下を利用し、洗面カウンターや洗濯機を配置。白で統一し収納扉兼鏡を取り付けたことで明るく清潔感もある

↑リフォーム前


ここがポイント
生活はワンフロアで完結
Sさん宅は打ち放しで、サッシ周りの劣化したパッキンから雨が浸入して雨漏りしたり、躯体の亀裂もあった。エバデザインの糸洲芳彦さんは、「パッキン類はすべて取り替え、壁の亀裂は補修し防水塗装。その上で、室内は動線を整理、部屋の用途を変えることで暮らしやすくした」と説明する。

ポイントは「将来を見越し、生活がワンフロアで完結するようプランした」点。3階にあった寝室は2階へ移動。寝室は東側に、LDKは西側にひとまとめにした。脱衣室は浴室と入れ替えることで広くなり、キッチンとも行き来しやすくなっている。

寝室も同じ階に リビングだった2階東側のスペース=写真下=は寝室に=写真上。夫人が趣味で楽しむグランドピアノを入れるスペースも考慮されている

↑リフォーム前

LDKの奥行きを生かし、アイランド型のキッチンを採用している点もポイント。「通常の対面式だと空間を分断し狭く見える。アイランドキッチンにしたことで西側、北側の壁面に収納がたっぷり取れるし、空間も連続して使える。玄関から入ってきた際も迫力がある」とメリット大。

北西2面 たっぷりのL字収納 洗面室側から見たキッチン。もともとあった上部の吹き抜けと高窓を生かしたことで、暗くなりがちな北側にも光が入り明るい。LDKは西面から北面までL字型の壁面収納になっているため、キッチン周りには調理器具や食器、家電、ゴミ箱、ストック品まですっきり収納。洗面室近くの手前右側にはタオルや下着類などが納められている

内装は「白を基調にしたい」という夫妻の要望から、天井は木の格子を生かして白く塗装。壁は、LDKと寝室は漆喰(しっくい)で仕上げ、子ども室は塗装。床は、LDKはキズが付きにくい塩ビタイルにし、子ども室は元のフローリングを研磨し塗装しなおすことで、機能的、かつコストバランスも図った。

[DATA]
家族構成:夫婦、子ども1人
施工面積:95.8平方メートル(2階)
             59.5平方メートル(3階)(計約47坪)
躯体構造 :鉄筋コンクリート造
築 年 数:29年
工  期 :4カ月
設  計 :(有)エバデザイン 糸洲芳彦
施  工 :(有)エバデザイン
電  気 :   嶺井電気商会
水  道 :(有)山川設備工業
キッチン   :パナソニックリビング九州(株)
外壁塗装 :沖縄塗装舎


[設計・問い合わせ先]
(有)エバデザイン
098-878-5008
http://www.evah-d.com


お住まい拝見|暮らし方いろいろ!住まいの事例集!|沖縄


撮影/泉公(ララフィルム) 編集/徳正美
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1686号・2018年4月27日紙面から掲載

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
徳正美

これまでに書いた記事:78

編集者
美味しいもの大好き!楽しい時間も大好き!“大人の女性が「自分」を存分に謳歌できる”そのために役立つ紙面を皆さんと作っていきたいと思っています。

TOPへ戻る