[お住まい拝見+]大収納と個々の棚で整頓|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見+

2020年12月25日更新

[お住まい拝見+]大収納と個々の棚で整頓

[お住まい拝見+]このコーナーでは、「お住まい拝見」や「こだわリノベ」といった巻頭企画で、掲載しきれなかった設計の工夫や施主のこだわり、記者がおもしろいと感じたポイントなどを紹介します。(紙面連載「今月の表紙から 2020年12月」より掲載)

大収納と個々の棚で整頓

地域に開く琉洋折衷/(株)一級建築士事務所 STUDIO MONAKA(uzumaki)/Aさん宅より

大きな赤瓦屋根が印象的なAさん宅。地域に開きながら、音楽室や隠し扉といった遊び心も感じられる空間が広がっていた。

スッキリしたリビングを保つための工夫も。その一つが、LDKの隣にある大きなウオークインクローゼット。洗濯機や乾燥機もある、家族全員分の収納スペースだ。そのため洗濯の動線が最短で、リビングに洗濯物が積まれることもないという。急な来客でリビングの物をサッと隠すときにも役立つ。

一方、玄関の土間部分には、学校のロッカーのように家族一人一人のボックスを設置。夫人は「子どもが学校から帰ってきたときも荷物を置いてから家に上がるので、リビングはいつもスッキリ。片付けやすい家にしてもらった」とうれしそうに話した。


広々したウオークインクローゼット。中央奥はサニタリーだが、壁や天井に漆喰(しっくい)塗料を塗っているため湿気はこもりくい
 

玄関土間にあるボックス=写真右側。ここで荷物を置いてから家に上がるので、家の中はスッキリする


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1825号・2020年12月25日紙面「今月の表紙から 2020年12月」より掲載

お住まい拝見+

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
出嶋佳祐

これまでに書いた記事:151

編集者
「週刊タイムス住宅新聞」の記事を書く。映画、落語、図書館、散歩、糖分、変な生き物をこよなく愛し、周囲にもダダ漏れ状態のはずなのに、名前を入力すると考えていることが分かるサイトで表示されるのは「秘」のみ。誰にも見つからないように隠しているのは能ある鷹のごとくいざというときに出す「爪」程度だが、これに関してはきっちり隠し通せており、自分でもその在り処は分からない。取材しながら爪探し中。

TOPへ戻る