異国情緒残し飽きが来ない街[宜野湾市新城・ぎのわんヒルズ通り]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

地域情報(街・人・文化)

2019年10月4日更新

異国情緒残し飽きが来ない街[宜野湾市新城・ぎのわんヒルズ通り]

[歩いて見つけた!地域の住み心地-33-]基地に挟まれ異国情緒な街並みを残す宜野湾市新城。県道81号線沿線は「ぎのわんヒルズ通り」と呼ばれ、おしゃれなカフェや雑貨屋などが並んでいて街の魅力の一つになっている。交通アクセスも良く、県道を挟んだ区域で基地跡地利用計画も進んでいて、今後のまちの変わりようにも期待が高まる。

通りのにぎわいが魅力に

基地跡地開発に期待も
南側に普天間飛行場、北側に跡地利用計画が進むキャンプ瑞慶覧の一部返還地「西普天間住宅地区」に挟まれる宜野湾市新城。県道沿線には個性的なカフェや雑貨屋などの店が並び、週末は外国人だけでなく若い世代も往来する。新城を挟み普天間と喜友名を結ぶこの通りは「ぎのわんヒルズ通り」。同通り会副会長の新城成哉さんは「若い世代や県外出身者から出店の相談をよく受ける」と話す。

店舗同士のつながりや通り・地域のにぎわいづくりのため、4年前に通り会を立ち上げた。昨年はナイトマーケットやイルミネーションなどのイベントで多くの客を引き付けた。「特にイルミネーションは好評で、ことしもクリスマスからバレンタインにかけて実施する予定」。通りのにぎわいは商業を活性化させ、さらに地域の魅力にもなっていく。

「お店同士が顔見知りになることでつながりが深まり、地域に愛着が生まれる。これから整備される街(西普天間住宅地区)に入る新しいお店とも連携し、ここで『商売をしたい』だけでなく、『住みたい』と思える街にするのが長い目で見た目標」と新城さんは力を込めた。

県外者・若者に人気
お店を渡り歩く人でにぎわうぎのわんヒルズ通りから新城地域の内側に入ると、1階にパン屋や服屋など店舗が入ったアパートが多いことに気付く。奥に進んでも3階建てほどのアパートが目立ち、一戸建て住宅は少ないように感じる。

「商業地域なので店舗兼住宅が多い。今から50年ほど前は米軍人向けに、そして30年ほど前からは地元向けに開発。戦後からの写真を並べると面白いはず。古き良きアメリカ世の雰囲気も残る特色ある地域」と新城を紹介するのは、㈲とみや不動産・取締役常務の仲与根節子さん。「海が見え、那覇市や沖縄市などにも行きやすい立地で、県外者やハイソな若い人たちに人気。コンベンション近辺などの新興地ができるまでは市内で一番人気があった地域で、今でも人気は高い」

土地の売買だと「宅地で坪当たり40万円前後。物件はほとんど出ず、不動産広告に載せる前に決まることが多い」。賃貸物件の家賃は「築浅だと17坪程度の広めの1LDKが6万~7万円台。2LDKでも同じ広さならおおむね同じ家賃だが、築年がたっていると5万円前後に」。小中学校・高校が近く、単身というよりはファミリーで使いやすい広さのある部屋が多そうだ。

「歩いていける範囲にスーパーなどもあるから、車を使わない人や高齢者も住みやすいと思う」。地域の南側にあるいすのき通りはスーパーや学校、学童や塾などもある。ぎのわんヒルズ通りとは打って変わって生活感のある通りだ。

「新しい開発で街並みは変わると思うけれど、もうしばらくはこの雰囲気を楽しめる。特色があって飽きが来ない、長く住み続けられる街」と仲与根さんは胸を張った。



英語の看板は昔より少なくなったそう。 新しい街にもアメリカンな雰囲気があると楽しいルン♪





ぎのわんヒルズ通りにはレトロなアメリカを思わせるような看板の店舗が並ぶ。「昔は街路樹にデイゴが使われていたから『でいご通り』と呼ばれていたけれど、今では1本も残っていない。改めて通り会を立ち上げる際に、若者が使っていた呼び名をとった」と新城さん。通り会のロゴは県道の番号と基地のフェンスをモチーフにしたひし形を使った。同道路の路肩は午前10時~午後10時の間は停車可能だという


いすのき通りの沿線もアパートが並ぶ


地域内の道路は碁盤目状に配され、所々に新しいアパートや建物を建て替えるのか空き地になった土地がある

◆エリアマップ◆

校区
小学校は普天間第二小学校。 中学校は普天間中学校

土地の価格
坪当たり40万円前後。 ほとんど出回らない

家賃
築浅で17坪程度の1LDKや 2LDKは約6万~7万円。築年が 長ければ2LDKで5万円前後

基幹急行バス通る新城バス停

▲新城バス停(伊佐向け)

9月24日から運行を開始した「基幹急行バス」。各バス会社や系統で違っていた名称とバス停を統一し、コザ(沖縄市)~那覇区間をより早く、時間の正確性を高めて運行する。停車は複数路線が集まる交通結節点や企業・大型商業施設などが集まる地点で、その中で少し異色なのが新城バス停ではないだろうか。県交通政策課の担当者は、「これまで運行していた特急バスでの乗降者も多く、普天間~伊佐区間の距離が長いため、使いやすさを考えて停車バス停に選定。西普天間住宅地区に琉球大学付属病院が移設すれば需要が増える見込みも」と話す。朝の通勤ラッシュ時で新城から県庁北口まで約50分、コザまで約30分。通勤・通学に使ってみては?


新城近隣・普天間の物件
ペット可・設備充実の1K


新城に隣接する普天間は、学校・スーパー・クリニックなどが近くにある便利な地域。とみや不動産が紹介してくれたのは、オートロック、防犯カメラ設置などセキュリティー設備が充実したペット可の物件。「築浅で天井にはシーリングファンが付いていて、水回りもおしゃれ」と担当者はすすめる。

家賃は共益費・駐車場含めて月5万3000円。駐車場は近隣の契約駐車場を用意。問い合わせは、とみや不動産(電話=098-892-1277)まで。


編集/川本莉菜子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1761号・2019年10月4日紙面から掲載

地域情報(街・人・文化)

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:28

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る