[防災特集]台風・火災・事故に備える④|(株)水防協|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

防災

2023年9月1日更新

[防災特集]台風・火災・事故に備える④|(株)水防協

[防災特集]台風・火災・事故に備える④|(株)水防協

住宅用スプリンクラーの制御盤。警報器の信号を受信して、スプリンクラーに水を送る。72度の熱を感知すると散水する
住宅用スプリンクラーの制御盤。警報器の信号を受信して、スプリンクラーに水を送る。72度の熱を感知すると散水する

散水の様子。毎分30リットルの水がスプリンクラーから勢いよく出る
散水の様子。毎分30リットルの水がスプリンクラーから勢いよく出る


(株)水防協 住宅用スプリンクラー

火災時のみ配管に通水


水道管直結で省スペース

自社で開発した消火用スプリンクラーの取り付けなどを行う(株)水防協。有岡哲司代表は「火災発生時だけスプリンクラーの配管に水が通り、初期消火する仕組み。普段は管内が空っぽなので、流水音がせず静かです。結露もしないし、配管の交換もいりません」と説明する。

火災警報器と水道管を使うシンプルなシステムになっており、火災警報器が作動すると水道管からスプリンクラーに水が送られ、72度の熱を感知した場所で散水する。「水道管に直接つなぎ、水道圧だけで毎分30リットルの水が出るようになっているので、大きな貯水槽やポンプは不要。コストやスペースを抑えられます」。さらに、バッテリー内蔵で停電時も作動するという。

グループホームなどの特定施設向けと、住宅や古民家などの一般向けがある。最近では、北中城村の中村家住宅など国指定重要文化財にも設置されている。

有岡代表は「沖縄は風が強く火が回りやすい。自宅からの出火だけでなく、放火や隣家からの燃え移りといった不意の出火にも備えられます」と話した。

[問い合わせ]
電話 098-989-9480
沖縄市上地4-2-8

営業時間:9時~18時
定休日:土・日・祝

https://r.qrqrq.com/00yK5qtR


関連記事:
[防災特集]台風・火災・事故に備える①|丸伊工業
[防災特集]台風・火災・事故に備える②|沖縄三和シヤッター(株)
[防災特集]台風・火災・事故に備える③|沖縄三和シヤッター(株)
[防災特集]台風・火災・事故に備える⑤|(株)プラスone

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1965号・2023年9月1日紙面から掲載

防災

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2122

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る