[沖縄]建築系学科がある専門・専修学校②|サイ・テク・カレッジ那覇(那覇市天久)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

こども絵画コンクール

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2022年7月29日更新

[沖縄]建築系学科がある専門・専修学校②|サイ・テク・カレッジ那覇(那覇市天久)

建築業界を担う人材になることを目的に、短期間で専門的な知識や技術を学べる専門・専修学校。建築系学科の特徴や、同学科を有する3校(サイ・テク・カレッジ那覇、パシフィックテクノカレッジ、インターナショナルデザインアカデミー)の特色を紹介する。

CAD演習に注力 大学編入も後押し



サイ・テク・カレッジ那覇(建築デザイン科)は

仕事を想定した実践的な講義が多く、特に製図ソフト「建築CAD演習」の授業に注力。2年次には、実際の住宅設計と同様に、平面図や立面図、建具表なども含む意匠図面一式を作成する。

同校卒業後、大学3年次への編入も積極的にサポート。専門の講師が編入受験をサポートする。

※オープンキャンパスは月1~2回開催。8月3日(水)、17日(水)

過去の進路状況/就職先は、㈱渡久山設計、㈱都市建築設計、㈱エー・アール・ジー、㈱謝花組、大東建託㈱、東レ建設㈱など。大学編入は琉球大学、大分大学、東京理科大学、沖縄国際大学など
 
◇      ◇      ◇

サイ・テク・カレッジ那覇の建築デザイン科に通う生徒の8割以上が、高校では普通科で学んでいた。「そこから2年で専門家に育てる」と話すのは、同校の小禄良直先生。

特に力を入れているのは、「設計の実務に欠かせない製図ソフト『建築CAD演習』の授業。平面図だけでなく、立面・断面・展開・配置図など実際の住宅設計の際に必要な意匠図面一式を作成しながら、即戦力を養う」と話す。

小禄先生は以前、建築士として設計業務に携わっていた。「私だけでなく、現場経験のある先生たちが実践的な技術や知識を指導します」

また、年2回開催している就職セミナーでは、ビジネスマナー講師を招いてスーツの着こなしや面接時の立ち居振る舞いなどを指導する。「実践的な授業と、きめ細かい就職支援で就職希望者の就職決定率は100%です」と話す。


編入試験もサポート

卒業後、大学3年次(または2年次)編入する生徒が一定数いるのも同校の特徴だ。「2003年から、琉球大学をはじめ県内外の大学に生徒を送り出している。わが校には、生徒が希望する大学に合わせた編入試験対策のノウハウがあり、経験豊かな先生がサポートする」。より学びを深めたいという生徒を後押ししている。

「就職も進学も、プロがサポートする。興味がある生徒は、まずオープンキャンパスに足を運んでほしい」と話した。



 わが校のここがイイ! 

建築デザイン科2年
中村香南さん=左、宮城沙耶さん


◆サイ・テク・カレッジ那覇の建築デザイン科を選んだ理由
(中村)将来は建築関係の仕事に就きたいので、就職率の高さと、家から通いやすいことから選んだ。
(宮城)私も就職率と資格がたくさん取れることと、他の専門学校より少し授業料が安いのが決め手だった。

◆大変なこと、良かったこと
(中村)CADの授業は2年次になって楽しくなってきた。図面を仕上げると達成感がある。ただし、週4日・2時間ずつあるので、苦手な人にはつらいかも。
(宮城)高校時代は文系だったので、構造力学や積算などは、皆より理解するのが遅い。でも夏休みに補習を受けたり、放課後に先生や友達に教えてもらって分かるようになってきた。専門学校は授業のスピードが早いイメージがあるが、補うための時間も設けられている。それを利用すればついて行ける。

◆将来の夢
(中村)小学6年生のころから建築士になるのが夢だった。橋やトンネルなどの土木建築物から、住宅まで幅広く造れる建築士になりたい。
(宮城)現場代理人になりたい。学校では設計も学んでいるので、設計から施工までできるプロになる。



 美浜校には「環境建築学科」 
同校の姉妹校、サイ・テク・カレッジ美浜には「環境建築学科」がある。那覇校の小禄先生は「那覇校はデザインやCADを重視。美浜校は3次元で建物を設計するBIM時代を念頭に、3Dモデリングの実習や構造設計1級建築士に必要な構造力学の知識を磨くことに力を入れている」と違いを説明する。「毎日通う場所なので、カリキュラムはもちろん通いやすさも考慮して選んだ方が良い」とアドバイスした。


関連記事:建築系学科がある専門・専修学校①|即戦力を育てる 業界需要も多い
     建築系学科がある専門・専修学校③|パシフィックテクノカレッジ
     建築系学科がある専門・専修学校④|インターナショナルデザインアカデミー
     建築系学科がある工業高校

取材/東江菜穂・出嶋佳祐
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1908号・2022年7月29日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1370

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る