まやちぐら特製キャットステップ|ねこと暮らそう[4]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

地域情報(街・人・文化)

2020年7月17日更新

まやちぐら特製キャットステップ|ねこと暮らそう[4]

文・写真 田場正親
たば・まさちか/猫や犬の殺処分数や、飼育できる物件の少なさに衝撃を受け、「足りないのは愛情よりシステム(部屋)」を合言葉に、猫専用アパート「まやちぐら」を夫婦でゼロから作っちゃった猫好きな人。犬も好き。


ホーロー製の壁により、磁石でのステップの設置が可能。位置が変更できるなど自由度が高い

 

強力磁石で自由な位置に

前回(1798号、6月19日発行)、猫の運動を促す環境づくりの一つとして、わが家のキャットステップを少し紹介しました。今回はこのステップをさらに掘り下げていきます。


磁石がくっつくホーローの壁

まず、わが家のキャットステップで一番の特徴と言えるのが、超強力な「ネオジウム磁石」を貼り付ける点です。でも、普通の壁に磁石はくっつきませんよね? そこで、ステップを設置する壁には磁石がくっつくホーロー製の壁を採用。好きな位置でのステップの取り付けを可能にしました。

よくあるキャットステップは壁に穴を開けて設置することが多く、ステップの位置も固定されがちです。衝撃が加わるたびに穴が広がるという声も聞くため、穴を開けずに設置できる磁石という方法にしました。

飼っている猫の年齢やサイズ、体調などに合わせてステップの高さ・距離・角度などが変更可能なので、無理なく運動ができます。

取り付け位置に変化があると猫も飽きないですし、市販のキャットタワーやハウスなどと組み合わせると楽しさの幅も広がります。



改良重ね耐荷重20キロ

「強力な磁石とはいえ、壁に固定されてないのに猫を乗せるなんて、落ちてケガしたらどうするの?」と不安になる方もいますよね。

ですがわが家のキャットステップは、板の素材、厚さや長さ、磁石の数や大きさ、それ以外の小物(ネジやL字金具等々)など、いくつものパーツのさまざまな組み合わせを何回も試し、語り尽くしたらトンデモナイ文字数になるほどの改良を重ねた結果、20キロ以上の重さに耐えられるようになりました。

実際に5キロのお米を四つ乗せ、さらにその上に約3.5キロの猫を乗せても大丈夫でした。

ステップの位置を変更する時、磁石が強いため女性ではなかなか壁からはがせないのが少し難点なのですが(笑)、それくらいガッチリ取り付けられるということです。


田場家の猫2匹。のす(左)はビビ(右)が家に来てから運動量が増えた


全国で紹介された手作りステップ

安全性と自由度の高いステップは自分でもかなりの自信作で、私が運営するアパート「まやちぐら」では全部屋に導入。猫をはじめ住人さんにも好評です。全国放送や地元のテレビでも紹介され、最近は「まねしてもいいですか?」という声も増えてきました。

猫との生活の中で楽しい空間作りを考えているなら、このステップを参考に、オリジナリティーあふれるキャットステップを設置してみてはいかがでしょうか? 設備に愛着も湧きますし、猫との人生を豊かにしてくれることでしょう。




文・写真 田場正親
たば・まさちか/猫や犬の殺処分数や、飼育できる物件の少なさに衝撃を受け、「足りないのは愛情よりシステム(部屋)」を合言葉に、猫専用アパート「まやちぐら」を夫婦でゼロから作っちゃった猫好きな人。犬も好き。
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1802号・2020年7月17日紙面から掲載

地域情報(街・人・文化)

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:871

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る