リノベーションの新提案|中古もイイね[14]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

リノベーション

リノベ

2016年1月8日更新

リノベーションの新提案|中古もイイね[14]

新築より2~3割安い価格で、健やかに暮らせるこだわりの空間が手に入る。サイアスホーム(沖縄市)は、自然素材を使ったリノベーション(資産価値を高める大掛かりな改装)を提案する。金城悟社長は「中古住宅を買うに当たってはもちろん、実家を二世帯住宅にする場合にもお勧め」とアピールする。

自然素材でこだわり反映




1階リビング・ダイニング。和室を取り払ってスペースを広げた。天井や壁は漆喰、床は表面に柿渋を塗ったアカシアの無垢材が使われている


改装前のリビング・ダイニング。正面奥は和室になっていた/写真左(サイアスホーム提供)


モデルハウスも公開【サイアスホーム】

同社が提案するのは、天井や壁、床などを自然素材でできた建材で仕上げる「無添加住宅®」での改装。有害な化学物質を含む接着剤や塗料を使っていないのが特徴だ。シックハウス症候群を気にする顧客からの相談をきっかけに始めた。

室内の壁には、断熱性や調湿作用のある炭化コルク材と、調湿作用のある漆喰(しっくい)、床には防腐作用のある柿渋を塗った無垢材(むくざい)のフローリングを使用。建具には、米糊で接着したインドネシアマツの集成材を使うなど、細部にわたり自然素材がふんだんに使われている。

金城社長は若い世代を中心にリノベーションが注目されていることに触れ、「こだわりマイホームが、新築より2~3割安く手に入れられる。健康志向の方にお勧め」とアピール。改装前提で中古一戸建てを買う場合はもちろん、実家を二世帯住宅に変える場合にも向いているという。

同社は昨年12月、沖縄市安慶田に無添加住宅®でリノベーションしたモデルハウスをオープンした。築32年の鉄筋コンクリートブロック造2階建て。自然素材だけで仕上げた内装は、あたたかみいっぱい。天井や壁に塗られた漆喰が心地いい空気をもたらし、アカシアの無垢材でできたフローリングは踏み心地がいい。

1階はLDKを広げて家族が集う場を充実させた。2階は、造り付けの2段ベッドでスペースを有効利用した子ども室が見どころ。同ハウスで使われている建材のサンプルも見ることができる。「自然素材が生むきれいな空気や質感をぜひ体感してほしい」と金城社長。

公開時間は午前10時から午後5時(水曜、祝日を除く)
事前の予約が必要。

問い合わせはサイアスホーム(電話=0120-881-080)



壁の断熱材・炭化コルク材のサンプルを手に説明する金城社長


2階子ども室。2段ベッドを造り付け、空間を有効利用した。床にはやさしい踏み心地のレッドパイン材が使われている


専門家が見る沖縄の市場|中古もいいね[15]

【シンポジウム】リノベーションでまちづくり|中古もいいね[13]


編 集/我那覇宗貴
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「中古もイイね<14>」第1566号・2016年1月8日紙面から掲載

リノベ

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:827

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る