case22「さまざまな駐車方法と特徴」|マンション売買そうだんfile|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

マネープラン

住宅ローン

2021年5月7日更新

case22「さまざまな駐車方法と特徴」|マンション売買そうだんfile

文・友利真由美 (株)エレファントライフ代表
◆相談内容◆
新築マンションの購入を検討しています。共働きなので駐車場を2台確保することが必須条件です。今なら駐車方法を選択できるらしいのですが、どれを選べばいいか迷っています。

利便性とコストで選ぶ

相談内容
新築マンションの購入を検討しています。共働きなので駐車場を2台確保することが必須条件です。今なら駐車方法を選択できるらしいのですが、どれを選べばいいか迷っています。


新年度を迎えたことで、進学や就職など新しい生活がスタートし、新たに車を購入した方もいらっしゃると思います。車には駐車場が必須。今回はマンションの駐車場あれこれについてです。
 

複数台分の駐車場が優先事項に

車社会の沖縄では、各戸に複数台分の駐車場が必要という共働き世帯も多く、マンション選びの優先事項となっています。

しかし現実として、マンションの限られた敷地で全世帯に2台以上の駐車スペースを確保するのは難しく、那覇市内の中心エリアでは1台確保するのがやっとというマンションもあります。デベロッパー側もできる限りたくさんの駐車スペースを確保するために、さまざまな駐車方法を提案しています。



便利な屋内と割安な屋外

マンションの場合、1階をげた履き(ピロティ)にし、屋内駐車スペースとして活用していることが多く、降雨時の乗り降りがスムーズなこと、強い日差しから車を守れることから人気です。最近ではEV車用の充電スペースを併設していることもあります。便利な屋内駐車場ですが、その分、毎月支払う駐車場費も割高となっています。

一方、同じ敷地の屋外に駐車スペースを設けていることもあります。敷地内なのでマンションにも出入りしやすいですし、屋内駐車場と比べて費用は割安に設定されています。


入出庫時に差 並列と縦列

限られた敷地でできるだけたくさんの駐車スペースを確保するために、縦列駐車にしているマンションもあります。

車を横に並べる並列駐車ではどの車も入出庫しやすいのに対して、縦列駐車の場合、車を縦に並べて駐車することから、入出庫時に車の入れ替えというひと手間が発生します。ただし、並列駐車は便利である分、縦列駐車よりも費用が割高に設定されています。


上下に重ねる機械式

敷地に対して世帯数の多いマンションでは、駐車スペースを確保するために機械式駐車場を導入するマンションも増えています。機械を使って車を上下に駐車することから、入出庫時には機械の作動と入れ替え作業が発生します。費用は他の駐車方法と比較して割安に設定されています。


コストバランスを意識して

必要な駐車スペースが確保できないと生活自体に支障が生じます。毎日利用する駐車場だからこそ利便性も大事ですが、毎月の支払いコストも無視できないポイント。まずは必要台数を確保できるか確認し、コストに応じて駐車方法を選択していきましょう。

また、売却の際にも、駐車場が確保できているか否かや駐車方法によって、価格に大きく影響が出ます。

次回は「最初に確認しておきたい売却時の駐車場の取り扱い」についてお伝えします。




 友利の結論 
・世帯ごとに駐車スペースが2台分ずつあるとは限らない
・屋内や並列などは便利な分、費用は割高
・屋外や縦列、機械式はひと手間必要な分、割安
・毎月のコストバランスに応じて駐車方法を選ぼう

ともり・まゆみ  (株)エレファントライフ代表。「沖縄マンション.jp」主宰。不動産専門ファイナンシャルプランナーとして不動産と相続の困ったを解決する日々を送る。 電話098・988・8247

これまでの「マンション売買そうだんfile」記事はこちらから。

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1844号・2021年5月7日紙面から掲載

住宅ローン

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1013

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る