密集地でも光注ぎ広々|(有)翔光プラン|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2018年9月28日更新

密集地でも光注ぎ広々|(有)翔光プラン

[お住まい拝見・築45年を建て替え 居室つなぎ行事にも]築45年の老朽化した家を建て替えたJさん(78)宅。周囲に建物が近接するものの、高窓や通風窓で室内全体に光と風が行き渡る。居室をつないだ大空間は、大人数の親族が集う行事にも対応する。


Jさん夫妻とお孫さんがくつろぐリビングは、飾り梁が映える高い天井と高窓で明るく伸びやかな空間に。和室まで広々とつながり大人数でも集える
 

盆正月 家族15人一堂に

Jさん宅
RC造/自由設計/家族2人
アパートやテナントビルなどが立ち並ぶ那覇市の市街地に建つJさん宅。敷地の北側と西側が道路に面する角地だが、南側と東側は建物が近接している。以前の家は真ん中の廊下が部屋を分断し、室内に光が入らなかったという。築45年がたち、老朽化で雨漏りがひどく、「孫たちが来た時に、何かあったらと心配」と、建て替えを決意した。

家族が多く、仏壇もあり、お盆や年の暮れに親族一同が集うため、「畳間がほしい」と要望したJさん。和室2間とリビングがL字型につながる間取りを取り入れ、大人数が集まっても広々使えるスペースを生み出した。ことしの正月は家族みんなで過ごし、「県外から娘家族も来て、子どもと孫合わせて15人くらいで雑魚寝したよ」と、満足げだ。

高さ3.6メートルと他より一段高くなったリビングの天井が伸びやかな空間を演出し、南側に設けられたハイサイドライトから差し込む自然光で、室内全体が「昼間は電気がいらないくらい」明るくなる。



和室からリビングを見る。部屋を仕切る引き戸は壁の中に収納してすっきりと。テレビ後ろのウオークインクローゼットは裁縫好きな夫人の趣味室



浴室側から見たキッチン。壁面収納とキッチンの間は0.8メートルあり、息子のお嫁さんと並んでも余裕がある


2口コンロで大鍋も
夫人(77)のお気に入りは、ハイサイドライトからさんさんと光を浴びる対面キッチンだ。「リビングに座るお父さんと話しながら料理できる」とうれしそう。

行事があれば大鍋でごちそうを作るため、夫人にとってキッチンの使い心地の良さは重要。通常だとコンロは3口だが、オーダーメードのキッチンは「2口にしてもらったから大鍋も置けて便利」と話す。奥行きは75センチあり、コンロ下の引き出しにはたくさんの鍋が収められている。

テレビがあるリビングが普段の生活の場。どの部屋へ行くにも必ず通るから「どこにいてもお互いを感じられる」と二人は笑った。



和室から仏壇を見る。引き戸を出せば、約6畳と約8畳の2間に分けて使える。手前の6畳間ではJさんが音楽を楽しむ


ここがポイント
高窓から光 西の開口で風

Jさん宅は日当たりのよい南と東に隣家が近接。唯一開けている西側も通りに面し、向かいには小学校がある。建て替えにあたっての課題は、①1階の貸店舗と自宅用の駐車場の確保②厳しい環境下でいかに光と風を取り入れるか③親戚が集まれる空間づくり、の3点。建築士の西筋義憲さんは、「建物はあえて南東に寄せて駐車場を確保。住宅内部は居室をつなげ、高窓を設けるなど窓の位置や大きさを工夫することで、採光・通風を確保した」と説明する。

室内にたっぷりの陽光を届けるのは、吹き抜けのリビングに設けた高窓。南向きで季節を問わず光が取り込め、排熱の役割も果たす。東の腰高窓は、隣家からの視線は遮りつつ光は取り込めるすりガラスにし天井いっぱいまで大きく。ベランダに面して掃き出し窓のある南側は、手すり上部に取り付けたスリットが、プライバシーの確保に一役買っている。キッチンのある北側の窓は必要最低限とし、外付けルーバーで真夏の強烈な入り日をカットした。


南のルーフバルコニーには高めの腰壁とルーバーを設置。近接する建物からの視線をほどよく遮ってくれる

風は通常南から取り入れることが多いが、Jさん宅は隣家が接近していて入りにくいため、西側に風の入り口となる玄関や勝手口を配置。玄関外の外階段にはルーバーを、勝手口には通風窓を取り付けることで、大通りに面していても気にならない。



リビングから玄関を見る。玄関の間口は最大125センチと幅広で、風を取り込むだけでなく、大人数の出入りもスムーズにする

住宅内部は5坪ほど減築したものの、廊下を省いて水回りをコンパクトに集約。キッチン、リビング、和室をL字につなげたり吹き抜けの効果で、実面積以上の広がりを感じさせ、集いにも対応。住宅密集地であることを感じさせない、明るく伸びやかな空間となった。


[DATA]

家族構成:夫婦2人
敷地面積:160.88平方メートル(約48.67坪)
2階床面積:85.5平方メートル(約25.86坪)
建ぺい率:68.65%(許容70%)
容積率:131.71%(許容200%)
用途地域:一種住居専用地域
躯体構造:鉄筋コンクリート壁式造
設計・構造・施工   (有)翔光プラン 西筋義憲
電  気:(有)新栄電機 伊良部康隆
水  道:(株)東邦 赤嶺希
キッチン:(有)カーサ 石川さかえ

[問い合わせ先]
(有)翔光プラン 098−996−3775
 www.shoukouplan.jp


撮影/高野生優(フォトアートたかの) 編集/川本莉菜子・徳正美
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1708号・2018年9月28日紙面から掲載

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
川本莉菜子

これまでに書いた記事:57

編集者
好奇心が行動源。まち歩きで面白いことを発見した時に興奮し、脇目振らずに追いかけて迷子になること多し。人が住む・暮らす場所にある歴史、知恵、繋がりの面白さを見つけて発信していきたいです。よく県外出身かと聞かれますが、生粋のウチナーンチュです。

TOPへ戻る