2階リビングで快適|(株)エー・アール・ジー|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2018年3月16日更新

2階リビングで快適|(株)エー・アール・ジー

[お住まい拝見 気兼ねなく過ごせる空間]「シンプルで機能的な家」を望んだKさん(40)。高台に建つ住宅は、視界が開けた2階に玄関とLDK、1階に家族の個室という造りで、「来客時も気兼ねなく過ごせる」と喜ぶ。

つながり身近に

Kさん宅
RC造/自由設計/家族4人


高窓からも光と風を取り込む2階のリビング・ダイニングと和室は、天井高最大3.1メートル。掃き出し窓を開け放てば、東側のテラスまでがひと続きになり開放感たっぷり



バタフライ状に角度が付いた屋根と、立体的に設けた通りからの目隠し壁が印象的なKさんの住まい=下断面図参照。外階段を上った2階が玄関で、同じフロアにLDKと和室がある。



1階には寝室と書斎、子ども部屋、水回りを配し、上下階で公私の空間が別れている。「来客時も気兼ねなく家事や入浴ができます。夫も私も友人や職場の人たちを招く機会が増えました」と夫人(42)。

東側に大開口があるLDKは天井も高く、和室やテラスと一体的に使える。「風通しがいいから、湿気がなければエアコンなしで過ごせます」。

Kさんのお気に入りはテラス。毎朝、コーヒー片手にテラスに出て、景色と風を楽しむのが至福の時間だ。「庇(ひさし)を支える縦桟(さん)が、伝統的な古民家のアマハジを支えるチャーギのように感じられて、なんだか気持ちがいいんです」と笑う。


6畳の和室からLDKを見る。手前右側の引き戸の先に玄関がある。ダイニングの壁際には、子どもたちが勉強できるようにカウンターが設けられている

上下階をつなぐ階段は、「子どもの出入りがすぐに分かるように」との夫人のこだわりで、LDKを通った先にある。蹴上げ板がないため、「思いのほか子どもたちの声と気配が伝わる。階段下を収納にしなくて正解でしたね」。


階段。蹴上げ板がないから、家族の声や気配だけでなく、明かりもよく届く
 

毎日うれしい発見

Kさんの希望は「シンプルで機能的な家」。10歳の長女、8歳の長男が通う小学校の校区内で土地探しから始めた。「売り地がなかなか出ない地域。予算オーバーでしたが、ここを逃すと次はないかも」と決めたのが現在の敷地だ。

設計は数社を訪ね、土地購入時から相談に乗ってもらった建築士事務所に依頼した。「公共建築の実績もある会社。建築士さんの真面目で、細やかな対応に信頼感があった」。

2階に玄関とLDKを据えるのは建築士の提案。「私たちにはない発想。階段の上り下りが筋トレになって、老後も元気に過ごせそう。毎日『この造りで良かった』という発見があります」と夫人。

リビングで楽しそうに遊ぶ姉弟に目をやり、Kさんは「この家でたくさんの思い出を一緒に作っていきたい」と目を細めた。


キッチン。友人のアドバイスを参考に、立ち上がりを設け、その内部に水切りを造作した。「リビングからの目隠しにもちょうどいいんです」と夫人


外観。玄関への視線を遮るため、前面道路の傾斜に合わせて3枚の目隠し壁を高さ、幅とズラして配置し、立体感を出した


1階の書斎は2.5畳。造り付けにしたのはデスクのみ。Kさん自ら探して購入した背面の本棚は、まるであつらえたように色もサイズもぴったり



1階の子ども室。子どもたちは壁紙選びから参加。空がモチーフの壁紙を天井にはったのは長男のアイデア

ここがポイント
上下階で公私に分ける

ひな壇状に家が立ち並ぶ高台の住宅地にあるKさん宅。敷地北側には勾配のきつい前面道路、残り三方には隣家がある。西側の隣地はKさん宅の敷地より約3メートル上がっていて、高い擁壁が設けられていた。

設計を手掛けた建築士の平良仁さんは、高い建物がない東側に大きく開く2階建ての住宅を提案。生活動線と眺め、プライバシーに配慮して、2階に玄関とLDK、和室、1階に個室と水回りを配置。平良さんは「パブリックとプライベートは階を別にし、明快に分けました」と説明する。

2階のリビングの開口部は幅6メートル。掃き出し窓を開け放てばテラスまでが一体的化する。東から西へ緩やかに上がる最大高3・1メートルの勾配天井を生かして設けた西側の高窓へと風も抜けて、涼やかだ。

テラスの庇の造りもひと工夫。「外に向かって上向きに勾配をつけ、視界が自然に広がるようにしました」。その結果、屋根の形がバタフライ状になり、外観デザインのアクセントにもなった。

家の中央に据えた鉄骨製の階段は、コミュニケーションと採光のために蹴上げ板を抜いた。「家族の声と気配を伝えるだけでなく、2階の明かりが1階の廊下や階段下に届くので、暗さも解消できます」。シンプルで機能的な間取りが、快適な暮らしを実現している。

[DATA]
家族構成:夫婦、子ども2人
敷地面積:193平方メートル(58坪)
1階床面積:60.7平方メートル(18.4坪)
2階床面積:57.3平方メートル(17.3坪)
建ぺい率 :42%(許容50%)
容 積 率:61%(許容100%)
用途地域 :第1種低層住居専用
躯体構造 :鉄筋コンクリート壁式構造
設  計 :(株)エー・アール・ジー 平良 仁
構  造 :Lifetect
施  工 :(有)春建設


[問い合わせ先]
(株)エー・アール・ジー
098-877-5566
http://arg2000.co.jp/
 


撮影/比嘉秀明 編集/比嘉千賀子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1680号・2018年3月16日紙面から掲載

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
比嘉千賀子

これまでに書いた記事:117

編集者
住まいと暮らしの情報紙「タイムス住宅新聞」元担当記者。猫好き、ロック好きな1児の母。「住まいから笑顔とHAPPYを広げたい!」主婦&母親としての視点を大切にしながら、沖縄での快適な住まいづくり、楽しい暮らしをサポートする情報を取材・発信しています。

TOPへ戻る