[マイホーム企画](有)サンサン沖縄(宜野湾市長田)|整った住環境と利便性|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2019年11月1日更新

[マイホーム企画](有)サンサン沖縄(宜野湾市長田)|整った住環境と利便性

立地の良い宜野湾市長田に、新築コンクリート造の一戸建てが完成した。リビングと一体的に使えるオーニングテント付きのウッドデッキが開放的な暮らしを実現する。


広がりを感じるリビング


リビングと一体となるウッドデッキ
宜野湾市長田、国道330号から路地を入った閑静な住宅街に立つ新築一戸建て。琉球大学に近い人気エリアで、近隣には広々とした公園や児童館などがあり、子育てに最適な環境。

同物件を販売する㈲サンサン沖縄不動産開発部の棚原良太さんは、「このエリアでは珍しい新築の補強コンクリートブロック造一戸建て。特にお子さまのいる家庭では、小学校・中学校の9年間、どのような環境で子育てするかは重要だと思います。静かで立地も良い環境での暮らしをお考えの方に、特におすすめします」と話す。近隣にはスーパーやディスカウントショップ、飲食店などもそろっており、普段の買い物にも便利。

内部は道路より一段高くなったひな壇状の地形を生かし、通りからの視線を遮断した造りで落ち着いたプライベート空間を実現。19・6畳ある広々としたLDKは、開放感のあるウッドデッキのテラスとつながり、さらに広がりを感じさせる。のびのびと家族のだんらんが楽しめる。

キッチンには食器洗い乾燥機キャビネット、バスルームには取り外しができてお手入れがしやすいカウンター、洗面室にはガス乾燥機を設置。さらにスマートフォンから家電の操作ができるIo T対応で便利な暮らしをサポート。

駐車場は2台並列で駐車でき、EV車用の充電器も用意。駐車場内の花壇が彩りを添え、夜は自動でライトアップされる。


2台並列で停められる駐車場がある。テラスは木塀でしっかり目隠しされている


ここがポイント!
★使い方さまざまウッドデッキ
リビングに面したテラスには温かみのあるウッドデッキが敷かれている=下写真。対面式のキッチンからリビング、テラスまでつながり、広がりを感じさせる。テラスは約3畳と広々としており、テーブルやいすを並べても十分な広さ。道路から一段高くなっており、さらに目隠しの塀もあるため、周囲からの視線も遮断してくれる。夏には子ども用プールを置いたり、バーベキューを楽しんだりと使い方はさまざま。頭上にはオーニングテントも付いている。


[DATA]
土地面積136.54平方メートル(41.3坪)、建物面積101.08平方メートル(30.57坪)、1階床面積51.86平方メートル(15.68坪)、2階床面積49.22平方メートル(14.89坪)。補強コンクリートブロック造陸屋根2階建て、建ぺい率50%、容積率100%。市街化区域、1種低層。価格4435万円

オープンハウス開催!
 11月2日(土)~4日(月)、午後4時~午後6時。完全予約制のため、電話予約が必要 098-886-3318(午前10時~午後6時30分、水曜休み)



<問い合わせ・予約>
(有)サンサン沖縄​ 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1765号・2019年11月1日紙面から掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:761

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る