【PR】平成28年度1級建築士 設計製図試験「県内合格者の60.7%」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

特集・企画

2017年1月27日更新

【PR】平成28年度1級建築士 設計製図試験「県内合格者の60.7%」

昨年末に発表された平成28年度の1級、2級建築士合格者。その中で県内の一級建築士 設計製図試験合格者の60.7%を輩出したのが総合資格学院沖縄校(那覇市久茂地)だ。開校3年目で昨年に引き続き県内トップの合格率達成の要因について、同校の江崎功校長に伺うとともに、合格祝賀会での受講生の喜びの声を紹介する。

総合資格学院 沖縄校

ー開校3年目で昨年に続き、県内トップの合格率ですね。

建築関連の資格取得をバックアップするために、全国各地に86校を展開していますが、沖縄校は開校して3年目。平成28年度1級建築士の設計製図試験合格者の60.7%が当校の受講生で、昨年より7.4ポイントアップしました。また、一次、二次試験をストレートで合格した受講生も62.5%。いずれも2年連続で県内トップでした。

ー指導法の特長と、受講生へのフォローで心掛けていることは?

一点目は、全国展開する当校ならではの情報収集力を生かし、最新の出題傾向を盛り込んで毎年改訂するオリジナル教材の使用です。最近は問題の約6割が初出題という傾向に対応しながら、最新の法令改正を加えて内容充実を図っています。
二点目は全国同一レベルで受講できるよう、講師は東京の本校で研修し、科目ごとのスペシャリストとして的確に分かりやすく指導できるレベルを保っています。三点目は、講師が生徒を直接指導する「ライブ」講義の展開。疑問点をすぐに聞ける環境を整えることで、習熟度を高めるものです。受講生と講師、職員がコミュニケーションを深めながら、合格に向けて取り組んでいます。 
受講生は週1回、日曜日のスクーリングで学びますが、その際、「講習カルテ」を作成します。苦手な部分を具体的に書いてもらい、そこを徹底的に指導し、勉強法のアドバイスも含めて話をしています。

ー建築士を目指す方にメッセージを。

一級建築士を目指す方も多いですが、最近は木造・RC問わず住宅設計ができる二級建築士の需要も増えています。当校で効率的に学んで、合格を勝ち取ってほしいです。
「何のために資格を取りたいのか」を常に確認し、モチベーションを高く保ってください。そのような方が来ていただければ、講師、スタッフ一同で合格へ導きます。一緒に合格しましょう。
 

関係者そろい祝賀会



上/祝賀会で合格者の健闘をたたえる江崎校長(左から2人目)


右/指導の特長などを語る江崎校長


合格者と関係者が集った祝賀会が1月9日、那覇市内のホテルで開かれ、江崎校長は「一生懸命勉強し、たどり着いた結果。これから沖縄の建築を引っ張り、活躍してもらいたい」とあいさつ。建築関連四団体の代表者からも「合格した先にまた勉強がある」「これからも共にいい建築物を作り、沖縄の街づくりを進めていこう」と励ましの言葉が次々と贈られ、合格者は決意を新たにした表情だった。

1級建築士に合格した平田寛さん(28)は「ここに来る前には別で学んでいたが、総合資格学院では先生に直接、何でも質問できたことと、一緒に学ぶ仲間たちと切磋琢磨できたことが合格につながった」と話す。島袋啓子さんは「仕事と家庭を両立しながら勉強時間を確保するのは正直大変だった。でも先生が分かりやすく説明してくれるので試験は手応えがあったが、合格できてほっとした。学院の皆さんや職場、家族に感謝したい」と喜ぶ。最年少で2級建築士に合格した武藤巧磨さん(21)は昨年の受験時は受験資格をクリアしたばかりの20歳。「建築士に憧れていたので、勉強は新しい発見続きで楽しかった。毎回授業で行われる小テストでの課題ができると、成長したと感じられる点が良かった」と笑顔が輝いた。
 

きめ細やかな指導で実力をアップ



【スケジュール】
新傾向対策講座は毎年8月スタート。学科のライブ講座は昨年11月27日から始まっており、学科本試験となる7月23日(日)まで模擬試験や実力テストを経て続けられる。製図講座は7月30日(日)にスタートし、本試験の10月8日(日)まで実施される。

【学科】
本試験レベルの学習を始める前に「早期講座」を実施。続く学科対策講座では、効率を高める「合格サイクル+継続学習」に進む。予習、ライブ講義、講義中のプレテスト、演習テストなどを通して、完全理解につなげる。

【製図】
基礎力や総合力、実践力などを少人数制で指導し、プロセスを追いながら巡回指導するのが最大の特長。理解度チェックのための講習カルテを作成し、それに基づいたアドバイスで、段階的に実力をアップさせる。


総合資格学院|週刊タイムス住宅新聞
 


週刊タイムス住宅新聞
第1621号 2017年1月27日に掲載

特集・企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:778

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る