【沖縄】離婚時の不動産売却益で軍用地を購入した場合|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[11]文/川端ゆかり|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

2021年8月20日更新

【沖縄】離婚時の不動産売却益で軍用地を購入した場合|離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル[11]文/川端ゆかり

離婚にまつわる不動産事情Re:コンサル
ハイタイ! 川端です。「ワクチン打った?」がごあいさつになっているこの頃。2度目のコロナ禍の夏真っ盛りですね。炎天下のマスクが正直ツライですが、スッピンで過ごせるから楽ちんなところもあります。正しく恐れ、多様性を受け入れ認める自分でいたいものです。
文/川端ゆかり

給与以外の安定収入を
離婚時の不動産売却益で軍用地を購入した場合


Re:コンサル卒業生との再会

コロナ禍の不動産にまつわる離婚相談件数が増え「Re:コンサル~離婚でお悩みの方の相談窓口~」を立ち上げてからもうすぐ1年を迎えます(www.tomato-okinawa.com/rikon/)。先日もRe:コンサル卒業生(と勝手に命名している大切なお客さま)から「東北で就職が決まったので旅立つ前に会いたい」とうれしいお誘いがありました。

離婚前の彼女はお会いするたびにたくさん涙を流していましたが、再会時の彼女はすっかり「自立した大人の女性」。新しい出会いもあったかな?…とワクワクしながらお互いの近況報告と未来の話で盛り上がりました。そして離婚経験者として、女性として、人生の先輩として、彼女には「必ず、給与以外の安定的な収入を持つこと」を、餞別(せんべつ)として伝えました。

給与以外の安定的収入の大切さ

仕事柄、「必ず」ということばをやすやすと使うことはNG、と常々心しています。ですが、私自身の経験から「給与以外の安定的な収入」というのは、人生の選択の場面で、必ず心強いお守りのような存在になってくれる!これは特に、ライフステージの変化でキャリアプランが変わりやすい女性へお伝えしたいことです。

私の場合は「沖縄軍用地」の売買を得意としていることもあるため、不動産を売却した利益を自己資金にして、軍用地を購入するスキームを例としてお話しします。


【離婚不動産売却益が200万円だったケース】
●200万円を金融機関定期預金に預けていた場合

年利0.003%で計算すると、1年間で60円の受取利息。そこから更に20%税金が差し引かれ手残りは48円。
 

●200万円を自己資金にして300万円を借り入れし500万円の軍用地を購入した場合

・年間借地料10万円(利回り2%※10万円÷500万円)
・300万円借り入れ(共済会利用35年金利1%毎月返済)
(1)返済額10万1628円/年(8469円/月×12カ月) (2)固定資産税9800円
合計(1)+(2)=11万1428円/年
・キャッシュフロー 10万円-11万1428円=-1万1428円

え? マイナスが1万円弱? なんだか損してない? と、考えたあなた、大丈夫です。メリットは「あります!」
(1)軍用地は所有権付きの土地がついている
(2)県内地銀の担保評価が高く安定している
(3)国が借地しており借地料は複利で年平均1%ずつ上がっている(現在のところ)

借地料の値上がりを考慮すると、数年後にはマイナスがなくなる計算なので「質のいい借金」だと考えます。もちろん、借り入れすることなく現金で購入することが一番投資効率が高いです。また、老後は年金+αの収入とし、その先、子どもに引き継いだり、返還後の街づくりに参加できるなど長期保有することで資産価値を上げることができます。

デメリットは
(1)短期保有(5年未満で売却)だとその時の市場相場に影響される。
(2)基地内なので現地に行けない

今のところ軍用地相場の急激な下落はありませんが今後も絶対! とは確約できません。投資という側面では絶対というものはありませんものね。

歴史的背景があり沖縄で「基地」ということばを使う時はとても気を使います。いつかは返還され、そのときにも役立つ不動産会社であろうと日々研さんを積むことを心しています。が、沖縄県内に基地が存在する間は、そのスキームを生かして沖縄の女性(男性も)の安定的収入の一つとしてご提案させていただくことに迷いはありません。

軍用地に限らず、米株、iDeCo、NISAなどあなたに合った投資をスタートしてみてはいかがでしょうか。寝ている間もお金が働いてくれるスキームは大切です。
 

執筆者 川端ゆかり(かわばた・ゆかり) 1971年、浦添市出身。短期大学卒業後、那覇空港地上職・地元情報誌編集・建設会社不動産部勤務を経て1999年(有)とまとハウジング設立。趣味は猫とお酒と読書、仕事が絡まないゴルフ
執筆者 川端ゆかり(かわばた・ゆかり)
1971年、浦添市出身。短期大学卒業後、那覇空港地上職・地元情報誌編集・建設会社不動産部勤務を経て1999年(有)とまとハウジング設立。趣味は猫とお酒と読書、仕事が絡まないゴルフ。https://www.tomato-okinawa.com/rikon/

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1859号・2021年8月20
日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1113

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る