ホテルライクな ゆとりと眺望|(株)デザインスタジオ琉球樂団|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

お住まい拝見

2018年12月28日更新

ホテルライクな ゆとりと眺望|(株)デザインスタジオ琉球樂団

[表紙のお宅から](株)デザインスタジオ琉球樂団が手掛けた分譲マンション「ティアレ首里金城町」は、那覇市の高台に立つ。リゾートホテルのような広くて開放的な空間と眺望を楽しめるのが特長だ。そこで暮らすSさん(58)家族は、住み心地に満足する。


リゾートホテルのような折り上げ天井が印象的なLDK。バルコニーではSさん夫妻が眺望を楽しむ


マンションの外観。大きな赤瓦屋根が存在感を放つ

歴史ある静かな地域

Sさん宅
RC造

琉球王朝時代の趣が漂う首里金城町。都会の騒がしさから少し離れた高台で、緑も多く残る。大きな赤瓦屋根がその景観になじむ同マンションは、6.5メートルの高低差がある敷地の傾斜を生かした造りで、地下1階に駐車場と住戸、1・2階に住戸がある。

12ある住戸はいずれも、生活空間面積が約30~50坪、居室の天井高が2.7メートル以上と広くて開放的。同社取締役で、設計を担当した長堂嘉範さんは「リゾートホテルのような感覚で暮らせるよう、空間にゆとりを持たせた」と話す。エレベーターは13人乗りと大きく、各戸専用のトランクルームもある。

那覇市内・慶良間まで一望
高台ならではの景色も大きな特長。同マンションのSさん宅では、廊下を進んでLDKに入った瞬間、那覇市内の町並みを一望する風景が目に飛び込んでくる。夫人(49)は「天気の良い日には慶良間諸島まで見えるんですよ。那覇市内なのに静かで、空も海も緑も眺められる環境は最高」。

約26帖と広いLDKで景色を最大限に楽しめるよう、バルコニーに面した開口部は幅約3.6メートルと大きく、バルコニーの手すりの下はガラス張り。高さ3.2メートルほどの折り上げ天井でリゾート感も演出されている。


折り上げ天井が印象的なLDK。約26帖と広く、開口部からも視線が抜けて開放的。写真中央と左端にあるのは、輻射熱で室温を調節する設備



バルコニー。手前のいすは、夜景を眺めながらお酒を楽しむ夫人の特等席。料理で使うハーブも育てている



洋室はもともと完全な個室だったが、子どもが巣立った後を見据え、LDKからつなげて使えるよう間取り変更した


寝室。奥は大きなウオークインクローゼットで、夫婦の衣類がすべて収められている



一戸建て感覚で要望に対応
もともとマンションで暮らしていたSさん家族。子どもが独立したことなどもあり「心から満足できる終(つい)の棲家(すみか)」を探していた。そこに同マンションの建築予定の看板を見つけ連絡。同社では設計担当者が購入者と直接話をするため、長堂さんがSさんの要望に対して設計上の可否をすぐに判断していった。Sさんは「色の好みや雰囲気から間取りまで、一戸建てのように要望に応えてくれたのが購入の決め手」と振り返る。

要望の一つが、輻射(ふくしゃ)熱によって室内の温度管理をするシステムの導入。「風が出ないのでほこりなどが舞わず体にいい」とSさんは説明する。長堂さんは、内装をシステム導入に必要なしっくい仕上げにすることを取り入れつつ、窓は複層ガラスにしてより効果を高めた。湿気対策として床下に炭を敷き詰める要望もかなえた。

アイデア湧き出るキッチン
「女性が多くの時間を過ごすので明るく景色の良い場所に」と、バルコニーの隣に配されたキッチンは夫人のお気に入り。設計時には長堂さんとSNSで何度もやり取りしてイメージを固め、通路の幅は動きをシミュレーションして使いやすさを確認しながら決めていった。夫人は「おかげで動きやすくてストレスがない。料理のアイデアもいろいろ湧いてくる」。

できた料理は丁寧に盛り付けられ食卓へ。夜になると眼下の景色に明かりがともる。「料理はおいしいし、夜景もきれい。レストランより、うちがいいね」とSさん。照明をダウンライトだけにして、キャンドルをともせば、夫婦で晩酌も始まる。

また夫人は「シューズインクローゼットの中など、ほしい所にコンセントがあるので延長コードは1本も使っていない。使い勝手のことを考え尽くした長堂さんの仕事に感動」と喜ぶ。その様子を見て、Sさんも「やりたいことを全部できた」と満足そうな笑顔を見せた。



左の窓から眺望を楽しめるキッチン。コンロの右には、塩や砂糖の容器がはみ出ないよう、奥行き13センチにこだわった調味料棚があるが、リビングダイニングからは見えないようになっている


洗面室。洗面化粧台は幅1.6メートルと大きくホテルのよう


Sさんの要望で造り付けられたウイスキー棚。「何を飲みますか?」と来客のどのような好みにも応えられる


Sさんが毎朝景色を見ながら半身浴をする浴室。酸素を含んだ泡が出る「美泡湯」の効果もあり、「体の調子がいい」とSさん


1階エントランス。地下1階にもエントランスがあるほか、2階からも前面道路に直結しており、災害時にも避難しやすい


玄関ドアは、閉じ込め防止機能のある耐震仕様ドアを採用



[DATA]
家族構成 :夫婦、子ども1人
生活空間面積
敷地面積 :115.46平方メートル(34.92坪)
バルコニー面積:31.67平方メートル(9.58坪)
専用ポーチ面積:8.45平方メートル(2.55坪)
【ティアレ首里金城町】
敷地面積:1385.43㎡(419.09平方メートル)
躯体構造 :鉄筋コンクリート造ラーメン構造
用途地域 :第一種低層住居専用地域
設計施工 :(株)デザインスタジオ琉球樂団


[問い合わせ先]
(株)デザインスタジオ琉球樂団
0120‐887‐005


撮影/比嘉秀明 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1721号・2018年12月28日紙面から掲載

お住まい拝見

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:827

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る