[防災・防犯特集]住まいと人命守る製品&サービス 県内10社⑩|沖縄ガス(株)|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

防災

2023年7月21日更新

[防災・防犯特集]住まいと人命守る製品&サービス 県内10社⑩|沖縄ガス(株)

台風や火災などの災害、空き巣などの犯罪への備えは、普段から心掛けたいもの。住まいと人命を守るのに役立つ県内10社イチオシの製品やサービスを紹介します!

防災

タグから記事を探す

エネファームtypeS。壁掛け式給湯器と合わせてもコンパクト。防さび処理されているのも安心

エネファームtypeS。壁掛け式給湯器と合わせてもコンパクト。防さび処理されているのも安心


 

沖縄ガス(株) 家庭用燃料電池エネファーム typeS

停電時もガスで発電&給湯


夏場の節電にも

台風による停電などに備え、近年注目されているのが、沖縄ガスが販売する家庭用燃料電池「エネファーム」だ。

最大の特長は、ガスを利用して自宅で電気とお湯を同時に作ることができる点。ガスに含まれる水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、排熱を利用して給湯するため、天気や時間帯を気にせず電気とお湯を使うことが可能。停電時でも24時間、最大700ワット発電し続けるので、購入者からは「停電に悩まされていたが、導入後は冷蔵庫が使え、お風呂にも入れたのでとても助かった」と喜ばれている。

担当者は「家庭の電気使用量の約7割をまかなえるので購入電力量を大幅に削減でき、夏場の節電にも有効。CO2排出量も年間約1・5トン削減できる(※いずれも利用状況や料金メニューなどにより異なる)。家計にも環境にも優しい常用発電機です」と話す。

7月29・30日に、那覇市西の沖縄ガスショールーム「ゆ~くる」で開かれるフェアでは、エネファームtypeSを台数限定特別価格の77万7千円(税込み)で購入可能。政府の補助金15万円も利用できる。標準工事費は別途。問い合わせは同ショールームまで。


[問い合わせ]
電話 098-863-7750
那覇市西3-13-2

営業時間:10時~17時(最終受付16時)予約優先
定休日:毎月第3水曜日、GW、旧盆、年末年始

https://www.aisin.com/jp/product/energy/cogene/enefarm/index.html


関連記事:
[万全ですか?住まいの防災・防犯①]台風時の停電 事前対策と情報収集を
[万全ですか?住まいの防災・防犯②]知っておきたい!災害の種類と補償①保険代理店
[万全ですか?住まいの防災・防犯③]知っておきたい!災害の種類と補償②わが家の“耐風度”チェック
[防災・防犯特集]住まいと人命守る製品&サービス 10社

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1959号・2023年7月21日紙面から掲載

防災

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:2157

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る