【沖縄】猫の性格に合わせたソファ選び|ねこと暮らそう[14]|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

スペシャルコンテンツ

地域情報(街・人・文化)

2021年5月21日更新

【沖縄】猫の性格に合わせたソファ選び|ねこと暮らそう[14]

文・写真 田場正親
たば・まさちか/猫や犬の殺処分数や、飼育できる物件の少なさに衝撃を受け、「足りないのは愛情よりシステム(部屋)」を合言葉に、猫専用アパート「まやちぐら」を夫婦でゼロから作っちゃった猫好きな人。犬も好き。

猫の性格に合わせたソファ選び
重視すべきは生地素材


猫との生活で家具選びはかなり重要。中でもソファは「爪とぎで傷んだらどうしよう」「上で吐かれたらショック」などの理由で慎重な人が多いと聞きます。しかしソファが無いと不便な上、部屋の見た目が落ち着かないことも。私は、猫の飼い主が重視すべきは生地の素材だと考えます。そこで今回はソファによく使われる、本革・合成皮革・スエード・ファブリック(布)の特徴を紹介。メリットとデメリットを知り、猫の性格や癖に合わせたソファを選んでもらえたらと思います。

ソファ生地の特徴と猫との相性

淡い色で革の傷目立ちにくく

まずは本革。上質な光沢があり、使い込むほど味が出ます。しかし、引っかき傷ができやすく、破れたり穴が開いたり…。手入れが大変なので、汚すことの多い猫を飼っている家庭は避けた方が良いでしょう。正直、猫がいる家には手が出しづらい生地です。

フェイクレザーは本革に似せて作られた合成皮革。本革より安価で汚れても拭きやすいので、本革とは反対に汚しやすい猫がいる家庭向き。ただ引っかきにはやはり弱いです。

本革・合皮共に白やベージュ系など淡い色なら引っかき傷が目立ちにくいので、革にしたい場合は淡い色をオススメします。

スエードは起毛素材で肌触りがよく、耐久性が高い。爪が引っかかりにくいため、爪とぎしてしまう子には適した素材と言えます。水や湿気に弱く、ぬれるとシミになることも。ホコリや毛が付きやすいですが、猫の毛と似た色を選ぶと目立ちにくくなります。
ソファ本体のファブリック生地。わが家の猫たちは背もたれの上に乗ってよく引っかくが、生地がコーデュロイで厚いためまだ無傷
ソファ本体のファブリック生地。わが家の猫たちは背もたれの上に乗ってよく引っかくが、生地がコーデュロイで厚いためまだ無傷

わが家のソファ。最近カバーを新調した。インド綿で網目が粗めなのですぐ破れそうだが猫たちはお気に入り
ソファ本体のファブリック生地。わが家の猫たちは背もたれの上に乗ってよく引っかくが、生地がコーデュロイで厚いためまだ無傷

布の厚み+カバーで無傷

ファブリックは安価なものが多く、デザインも豊富。ただ汚れに弱く、吐いた時などは布を外して洗う必要があります。爪とぎで傷みやすいですが、金額的に他の生地より交換はしやすい。したくないですけどね(笑)

ちなみにわが家のソファはコーデュロイ素材のファブリック。洗うのは大変ですがカバーの活躍もあり、4年たった今も本体はきれいな状態です。引っかきに対してもコーデュロイ特有の厚みのおかげでまだ無傷。一方、カバーは残念な状態に(笑)

最近は、ラムースという「手触りが良い」「爪とぎに強い」「撥(はっ)水(すい)加工で水と汚れに強い」「丸洗い可能」な人工スエードや、レザーテックスという革に見える布素材で「引っかき・汚れに強い」「通気性が良い」「革特有のヒヤっと感がない」「合皮のように経年劣化でボロボロにならない」といった素材も出ています。どちらも高級ですが、どうしても長持ちさせたい方にはオススメです。デザインだけでなく、ぜひ素材にも注目して後悔しないソファ選びを!
 

文・写真 田場正親
たば・まさちか/猫や犬の殺処分数や、飼育できる物件の少なさに衝撃を受け、「足りないのは愛情よりシステム(部屋)」を合言葉に、猫専用アパート「まやちぐら」を夫婦でゼロから作っちゃった猫好きな人。犬も好き。
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1846号・2021年5月20日紙面から掲載

地域情報(街・人・文化)

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:1318

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る