(株)共和ホーム|建売住宅|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2021年3月26日更新

(株)共和ホーム|建売住宅

[見てある記・建売住宅]本島南部エリアを中心に賃貸・売買物件を扱う(株)共和ホームは、アクセス性や生活利便性が高まった糸満市西崎で建売住宅を分譲中だ。鉄筋コンクリート造3階建ての3LDK。2階にLDKを設けてゆったり過ごせる空間にした。宅配ボックスや浴室乾燥など充実した設備も魅力だ。

ゆったり過ごせる2階LDK
家事・荷物受け取りラクな設備 


那覇とのアクセス性が高まった糸満市西崎で、共和ホームが2棟の建売住宅を分譲中だ。同社不動産売買部の屋良啓太さんは「スーパーや公園、小学校にも近く、子育てしやすい環境です」と話す。


外観。2棟を同時分譲中。各戸とも駐車場2台分を完備。「軽自動車なら3台止められます」と屋良さん

建坪を約10坪と小さく抑えて駐車場を確保。一方、3階建てにして居住スペースにゆとりを持たせた。生活の中心になるLDKは2階に設け、「周囲からの視線が気になりにくくゆったり過ごせます」。洗濯室と浴室も2階にあり、家事動線がコンパクトにまとめられている。

2階LDKの広さは約17.2帖と広々。道路からの視線が気にならずゆったりと過ごせる。手前のシーリングライトは縁にスポットライトが付いており、多様なシーンに合わせて調光できる

食洗機やガス乾燥機といった家事効率を上げる設備は、近頃の建売住宅では標準装備とも言える。だが、同住宅はさらに充実した設備が魅力。玄関先には宅配ボックスが置かれ、新しい生活様式を反映。浴室乾燥機もあり、ガス乾燥機からあふれた衣類も干せ、子どもが多い家族に重宝しそうだ。リビングのシーリングライトはスポットライト付きで、色や光りの強さで多様なムードを演出できる。


キッチンから見るLDK。写真右手に洗濯室・浴室があって家事動線はコンパクト。洗濯室などの壁はキッチンパネルを使い、汚れにくく掃除しやすいようにした

家族の変化に沿う個室

1階は約7・8帖の主寝室。大容量のウオークインクローゼットがあるのもうれしい。3階には約4・5帖の個室が2室と約10帖の広々としたルーフバルコニーがある。個室2室は引き戸で仕切り、「子どもたちの独立後も考え、ワンルームにして使えるようにしました」。

階段は1段の高さを抑えて上り下りしやすく、各階とも収納が充実。「コンパクトだがゆったりと暮らせる家になっていると思います」と屋良さんは話した。


3階にある個室。写真中央の引き戸を閉めれば2室に分けて使える。室内の全ての引き戸はつり下げタイプで、床にレールがなく掃除しやすい



<問い合わせ>
(株)共和ホーム 
電話:098-954-3585
(日・祝日定休)


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1838号・2021年3月26日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:980

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る