創刊35周年 特別企画 |(株)ライト工務店「てぃだむるぶし勝連」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

企画

2021年3月26日更新

創刊35周年 特別企画 |(株)ライト工務店「てぃだむるぶし勝連」

[創刊35周年 特別企画]住宅建築やリフォームなどを手掛ける(株)ライト工務店(糸洲徹社長)は、世界遺産「勝連城跡」のすぐ近くで分譲宅地「てぃだむるぶし勝連」を販売している。IT技術を生かしたモデルハウスもあり、太平洋や金武湾の眺望を眼下におさめる。


パノラマの海を望む高台
世界遺産の近くで最先端の暮らしも 


「てぃだむるぶし勝連」は、勝連半島中央部の丘陵地帯、海抜80メートル以上の高台に位置する36区画の分譲宅地。海中道路や本島北部の山並みなど、金武湾から太平洋にかけたパノラマの眺望を楽しめる。同社取締役の山城真司さんは「朝は気持ちの良い朝日が感じられる。近くには病院やスーパー、学校などもあり、生活の便も良いですよ」と話す。

1区画の広さは約80~100坪に設定されているが、要望があれば分筆したり、数区画まとめての販売にも対応できるという。

モデルハウスの外観。それぞれ4台ずつの駐車スペースがある

家族に合わせた自由設計

勝連城跡の城下町のような景観にするため「一部に赤瓦を使う」「外壁は白」などの条件はあるが、それ以外は自由。そのため、モデルハウスとして公開している2棟も、6号棟は子育てを終えた夫婦が暮らすような落ち着いた印象の2LDKなのに対し、7号棟は白を基調としたファミリー向けの明るい3LDKとなっている。「自由設計なので、それぞれの家族にぴったりのプランで建てられます」

さらに6号棟は、IT技術を活用したスマートハウスでもある。照明や家電のオン・オフ、玄関の施錠など、外出先からもスマートフォンで操作できるほか、Android OSを搭載した鏡なども導入。「歴史を感じながら、最先端の技術を使った暮らしも提案します」

そのほか、花ブロックで囲まれたサービスコートや、2・5帖のシューズクロークなど、暮らしやすさにも配慮。

山城さんは「海を望み、自然に囲まれ、リゾートのようにゆったりできる。ぜひ現地へ体感しに来てください」と呼びかけた。


6号棟のリビングダイニング。庭に面した開口部からは太平洋が見える。ダウンライトはBluetooth接続が可能なスピーカーにもなっている


6号棟の寝室。ベッドサイドにある鏡にはAndroid OSが搭載されており、身支度しながら動画を見たりニュースをチェックできる


区画内の眺め。奥には海中道路や、平安座島などが見える。海を望む景色が画角に入りきらないくらいのパノラマで広がる


モデルハウスの見学は事前予約制。 
<問い合わせ>
(株)ライト工務店
電話:0800-500-6664


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1838号・2021年3月26日紙面から掲載

企画

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:980

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る