(株)アレックス|自然とつながる暮らし|木造平屋のハワイアンリゾートハウス|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

企画

2020年7月31日更新

(株)アレックス|自然とつながる暮らし|木造平屋のハワイアンリゾートハウス

[特別企画 創刊35周年]独自のデザイン力と高品質の技術で、住宅から商業施設まで手がける(株)アレックス(外間俊代表取締役社長)は、東村慶佐次で企画住宅「ラクエナ」シリーズを販売している。ハワイアンリゾートをイメージした1LDKの木造平屋住宅は、自然を間近に感じる造りが魅力だ。

自然とつながる暮らし|木造平屋のハワイアンリゾートハウス


大きな窓のあるリビングは、庭と立ち並ぶ木々が間近に感じられ開放的。アウトドアリビングまで一体的に使える

「ラクエナ」シリーズは、同社の創立40周年を記念した企画住宅。海とマングローブ林、豊かな森がある慶佐次の中でも、別荘や保養施設が多い地域に建つ。ハワイアンリゾートハウスをコンセプトに、3戸が計画されている。
取材した「カイルア」は、自然と共に過ごす工夫が随所にちりばめられた木造平屋。一番の魅力は、22・5畳の広いLDKから続くアウトドアリビングだ。常務執行役員の安里久美子さんは、「LDKからフラットに続き、軒が深いアウトドアリビングは使い勝手がよく、ヤンバルの光と風を感じながら、ゆったりくつろげます」と話す。
リビングの大きな窓は庭や森との境を曖昧にし、開放感をもたらす。キッチンの壁には、海と空、緑と大地をイメージした4色のタイル。ハワイで直接購入した装飾品も織り交ぜて、室内を自然と調和する美しいインテリアで彩る。内装デザインを得意とする同社。「空間の演出や利用法も提案しながら、快適に暮らすお手伝いをしていきたい」。大型の家具や家電、インテリアは、オプションで購入できる。
「沖縄の気候には、断熱性、調湿性に優れた木造が合っている。屋根や壁に高度な断熱材を入れているため、ムッとした暑さはほとんど感じません。県外の大手住宅メーカーとの提携で、今後はより質の高い沖縄仕様の木造住宅を提供できます」と力を込めた。
同物件の見学は予約制。電話またはメールで受け付け。予約・問い合わせは同社=098・863・3155まで(営業時間・午前8時30分~午後5時30分、第2、4土曜日、日曜日、祝日定休)。



自然をイメージした4色のタイル、南国をイメージさせるアートに彩られたダイニングとキッチン。明るく、風通しも良い


アウトドアリビングは軒が深く、日差しや雨を気にせず食事や語らいをのんびり楽しめる


赤サンゴをイメージした落ち着いた色を、壁のアクセントにした寝室は9畳。足元側には大容量のウオークインクローゼットがある


外観。アプローチにベンチを置いて、ハワイアンスタイルを演出。亜熱帯植物を目隠しと彩りに使う
 

株式会社 アレックス
沖縄県那覇市泊1-34 ODM bldg.3F
電話098-863-3155



毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1804号・2020年7月31日紙面から掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:871

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る