(株)ハウスバンクWATARI|朝日浴び自然を感じる |タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2018年11月23日更新

(株)ハウスバンクWATARI|朝日浴び自然を感じる 

[見てある記・棟外モデルルーム](株)ハウスバンクWATARI(渡慶次明代表)が手掛ける「グランマーレ東浜ワイズ」は、与那原町東浜に立地し、目前には海が広がる。建設地からほど近い棟外モデルルームで、朝日が注ぐ爽やかなリビングスペースを体感してみて。

周辺施設充実 交通も便利に


リビングダイニングは東側掃き出し窓から朝日が注ぎ込む。間取りセレクト、床材・建具などのカラーセレクトが可能(階数により期限あり)。キッチン隣のドアから洗面室、浴室につながる

MICE計画で発展めまぐるしい与那原町東浜に建設中の「グランマーレ東浜ワイズ」。鉄筋コンクリート造14階建てで全39戸。間取りは2LDK、3LDK、4LDKの3タイプあり、2019年9月完成、10月末引き渡しの予定だ。

建設地から車で約5分の場所にある棟外モデルルーム(ろうきん与那原支店2階)は、3LDKのAタイプを2LDKに間取り変更し、リビングダイニングを広々と取った。「朝日を浴びながら朝食が楽しめる」と話すのは、販売担当(販売代理会社・エールクリエイト(株))の慶田城優さん。全戸とも東側バルコニーに向かい合うように対面キッチンがある。バルコニーは奥行き約2メートルあり、テーブルを出して朝のひとときを楽しむのもいい。

「7階以上からは東海岸を一望できて、リゾート感たっぷり。周辺の施設も充実した立地が魅力」とも。西原きらきらビーチや公園が近く、海と緑を身近に感じられる。スーパーや飲食店が近くにあるほか、小中高、大学までそろい、通学しやすい。現在建設中の与那原バイパスが開通すれば那覇市へのアクセス向上も期待できる。

2LDKのBタイプの価格は2340万円からで、「那覇市近郊では比較的お手ごろな価格。立地が良いので、実際に住むも良し。セカンドハウスの利用でも良し。さらに発展するマリンタウンで快適な暮らしを」とアピールした。

モデルルームにはキッズルームがあり、子ども連れでもゆっくり内覧できるのもうれしい。内覧は午前10時~午後7時(水曜定休)。問い合わせは同モデルルーム(電話= 0120‐355‐522)。



主寝室の広さは約7帖。造り付け収納とウオークインクローゼットがある


主寝室のウオークインクローゼットは、洗面室からも行き来できる(3・4LDKタイプ)


外観の完成イメージ。駐車場のカバー率は169%


現地案内図・与那原町東浜(地図
<問い合わせ>
グランマーレ東浜ワイズモデルルーム
電話:0120‐355‐522


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1716号・2018年11月23日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:985

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る