(株)りっち開発|家族でうれしい収納充実|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2018年11月9日更新

(株)りっち開発|家族でうれしい収納充実

[見てある記・建売住宅]鉄筋コンクリート造にこだわり、年間多数の住宅建築施工に携わる(株)りっち開発が、浦添市西原で建売住宅を販売中だ。台風に強いRC造、機能的な設備や耐久性のある建材を使い、充実の収納で長く安心して暮らせる住まいとなっている。

いいものを長く安心のRC造


1階のLDK。ソファ奥の掃き出し窓の先にはヒルトップの景色が。中央の背の高いドアがパントリー、その左が階段下収納。キッチンの裏手には浴室がある

沖縄自動車道西原ICまで約3分。高台からの景色を楽しめる浦添市西原の住宅街で、りっち開発が鉄筋コンクリート造(RC造)2階建ての建売住宅を販売中だ。同社営業課長の新垣舞さんは「土地開発のほか、各種住宅の設計から施工、販売まで全て自社で行っている強みを生かし、質が高く、安心して長く住める家を実現した」と話す。

間取りは1階にリビングダイニングとキッチン、浴室、2階に洋室3部屋を配した3LDK。両階ともにトイレがあり、階で公私を分けている。「広さと高さのバランスを整えると居心地のいい部屋に感じられる。ノウハウを知っているからこそできる技」。広さ約16.8帖のゆったりとしたLDKは南の掃き出し窓から光を取り込み、温かみのある空間を演出した。斜面を利用して1階部を前面道路から2.1メートルかさ上げしたことで、プライバシーを確保。道路を行き交う人の視線が気にならない。

家族が多いと気になるのは収納の量。1階部をかさ上げしてできた空間は屋外倉庫に。レジャー用品や工具など屋外活動が好きな父親の備品や、子どもたちの自転車置き場にも活用できる。キッチン横のパントリーや階段下収納、2階廊下の大容量の収納は、季節物や家事道具の収納に便利だ。

高品質な設備も見逃せない。システムキッチンはグレードの高いものを入れ、換気扇まで届くガラスが油はねを防止。全照明LED、床鳴りしにくい床材などを使用している。

今週末の10日(土)、11日(日)には同物件の販売会を開催する。平日の見学には問い合わせを。同社(0120−760−616)まで。



主寝室のクローゼットは全身鏡付き。北西側にはテーブルが置ける広さがあるバルコニーも


1階浴室の勝手口を出ると広々とした物干し場が。L字状でダイニング側の掃き出し窓につながる


白くさわやかな外観。門扉から玄関までの階段下が約1.5坪の屋外倉庫に。3台駐車可能


現地案内図・浦添市西原(地図
<問い合わせ>
(株)りっち開発
電話:0120−760−616


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1714号・2018年11月9日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:975

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る