(株)アール・スタイル|デザイン性高い木造建売「沖縄仕様で安心と使い勝手の良さを」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2017年7月21日更新

(株)アール・スタイル|デザイン性高い木造建売「沖縄仕様で安心と使い勝手の良さを」

[見てある記・モデルハウス]不動産会社の(株)アール・スタイル(本社・糸満市、仲里勇一郎代表取締役)は、デザイン性が高く価格が明快と全国で人気を集めている木造規格住宅「ZERO-CUBE」を販売している。糸満市武富のモデルハウスでは、実際の暮らしをイメージしながらその魅力を体感できる。


1階のLDKは天井も高く広々。奥に見えるのが和室とウッドデッキ。実際の暮らしがイメージしやすいように家具やグリーン、雑貨類がコーディネートされている


「ZERO-CUBE」は箱型の3LDK2階建てを基本に、家族構成やライフスタイルに合わせて部屋を増やしたり、屋上バルコニーを設けるなど、「+FUN(プラスファン)」と呼ばれる多彩なオプションを追加できるのが魅力だ。

同モデルハウスは、和室とウッドデッキ、ルーフバルコニーを追加した「+BOX」タイプ。1階にLDKと和室、水回り、2階に個室3室とフリースペースがある(延べ床面積約35坪)。同社ZERO-CUBE事業部の又吉千明主任は、「台風の多い地域環境に合わせ、柱をひと回り太くし、外壁も厚くするなど沖縄仕様にカスタマイズされた構造になっています」と説明する。

室内は、白を基調にしたLDKを中心に、家事動線や家族の集いに配慮した間取り。キッチン脇に水回りがあり、玄関ホールからはリビングダイニングとキッチンの2方向に出入りできるのも便利だ。各階の天井高も2.5メートルあり開放的。床材やクロスなどの色は豊富な種類から選べ、好みの空間づくりが楽しめる。
2階のフリースペースは、標準では吹き抜けになっているLDK上部に床板を張って設ける、沖縄だけのオリジナル仕様。「コスト的にも安く収まるので、部屋数が欲しいというご家族に人気です」。

同モデルハウスでは、「住宅ローンアドバイザー有資格者がお客さまに合ったローンを提案する『家づくり相談会』も好評。事前に電話でご予約ください」と又吉さん。見学会と家づくり相談会は毎週土日に開催(見学のみは予約不要、平日は予約制)。10時~17時最終受け付け。



2階のフリースペース。階段から1階に気配が伝わるので、子どもが友だちと一緒に遊ぶ空間に使うのもおすすめ


キッチンからはリビングダイニング、和室、庭が見渡せる。正面の引き戸の先は玄関ホールで、買い物の荷物も楽に運べる


外観。ヒンプンのような玄関ポーチは沖縄仕様。外壁材は30色そろう


<問い合わせ>
(株)アール・スタイル
098-894-9798
定休日 水曜・木曜
 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1646号・2017年7月21日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:978

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る