(株)ティーダコーポレーション|デザイン性高い規格住宅|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2018年4月27日更新

(株)ティーダコーポレーション|デザイン性高い規格住宅

デザインが豊富で機能性に優れた木造規格住宅「TDホーム」を手掛ける(株)ティーダコーポレーション(森田治代表取締役)。本部町野原のモデルハウスは片流れ屋根が特徴的で、北欧インテリアが似合うモダンで落ち着いた空間を体感できる。

北欧インテリアが似合うモダンな木造


リビングは片流れ屋根を生かした高さ5メートルの吹き抜けで開放的。天井や梁(はり)のダークブラウンと壁の白のコントラストがモダンな雰囲気を演出


本部町にあるモデルハウスは数あるデザインの中でも、シンプルな片流れ屋根とシックな黒の外壁が特徴の「Prism(プリズム)」タイプだ。知念博相談役は「別荘のような風格あるデザインで、規格住宅だが自由度の高い設計ができる」と力を込める。

モデルハウスはファミリー層を想定した2LDK+和室の間取り。1階LDKは、片流れ屋根を生かした吹き抜けで開放的。奥に広がる和室の掃き出し窓からは光が差し込み、海も見渡せる。広いエントランスホールからのびる階段は、蹴上げ板を抜いた軽やかなデザイン。2階は寝室があり、階層で公私を分けている。

同社が手掛けるのは、設計の自由度が高い木造軸組工法と、耐震性に優れた壁式工法を融合させた独自の工法。知念相談役は「丈夫で、バリエーション豊富なデザインが可能。鉄筋コンクリート造に比べ安価に建てられる」と話す。使用している面材は耐久性の高いガラス質を含む複層板。シロアリにも強く「100年持つようなつくり」だという。他にも給水などの配管は埋め込みにせず、メンテナンスがしやすい工夫が施されている。「同タイプは北欧インテリアが似合う空間をテーマに、モダンな雰囲気を演出した」。

知念相談役は「次は糸満市潮崎で、若年層に人気のウッドモダンな箱型タイプを建て売りする予定」とPRした。

同モデルハウスの見学会は明日28日(土)から30日(月)までの3日間で開催。期間外では前日までの電話予約が必要。

<予約・問い合わせ>
同社=098−943-0721まで(営業時間・午前9時~午後6時・土曜、日曜、祝日定休)



細長い照明が似合う対面シンク。家具や照明などのインテリアにこだわりたくなる空間を実現


階段。夜はフロアーライトをつけて、漏れこぼれる光を楽しむのもいい


北欧モダンをイメージしたシンプルな片流れ屋根が特徴の「Prism」。庭側には大きな開口部を設けている


現地案内図・本部町野原(地図

<問い合わせ>
(株)ティーダコーポレーション
電話:098-943-0721
 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1686号・2018年4月27日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:778

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る