モデルハウス|(株)あすなろ観光開発|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2016年2月26日更新

モデルハウス|(株)あすなろ観光開発

沖縄県内で木造一戸建ての企画・設計・販売をはじめ、土地建物の売買、賃貸住宅の仲介・管理まで、不動産選びをトータルで提案する(株)あすなろ観光開発。沖縄県うるま市宇堅で販売中の建て売り一戸建て木造住宅は、海にほど近い静かな環境にあり、子育て世帯にはうれしい住まいだ。


1階、日当たりの良いリビングダイニング。床下換気のため室内の床は道路から約40センチ上がっていて、通りを行き交う人と目線が合いにくい
 

子育て 家事しやすい木造
小学校、海近く伸び伸びした環境


子育て世帯向けに同社が提案する住宅は、沖縄県うるま市宇堅の県道224号から少し入った静かな住宅地にある2階建て。勾配屋根と白い外観が印象的な建物だ。敷地面積約57・44坪、建坪面積約29・55坪で、3台分の駐車スペースが確保されている。

うるま市立天願小学校まで車で5分、スーパーや病院も近くにあるほか、宇堅ビーチまで徒歩10分内と、生活しやすく伸び伸び過ごせる環境が魅力だ。

1階は東側に開いた13・5畳のLDKを中心に、和室(4・5畳)、浴室、洗面・洗濯室などの水回りがあるオープンな空間構成。窓から穏やかな陽光が広がるリビングはあたたかみがあり、チーク材のさらりとした足触りが心地良い。

キッチンは対面式でリビングや和室まで見渡せるほか、東側にはゴミ出しに便利な勝手口、西側には浴室・洗濯室が並び、効率よく家事がこなせる造り。水回りには機能性や清掃性に優れた国内メーカーの商品を取り入れているほか、全室にエアコンを完備している。

2階には6畳の個室3室と、ウオークインクロゼットを2カ所に配置。それぞれ4畳、3畳ほどの広さがあり、衣類や生活道具をたっぷり収納できるほか、用途に応じて書斎や寝室など多目的に使える。

営業部長の仲座政彦さんは「夏涼しく、冬温かい木造の良さを体験してほしい。土地付きで3千万円以下と価格を抑え、経済的にも子育て世帯に配慮した住環境づくりを目指しました」と話した。




2階の個室。左側奥は3畳のウオークインクロゼット。窓が付いているので、収納スペース以外にも、趣味室や寝室として多目的に使える



食洗機やIHクッキングヒーターを装備したキッチン。対面式で、居ながらにしてリビングや和室を見渡せる。勝手口はゴミ出しに便利



住宅外観。周囲に建物が密集していないため伸び伸び過ごせそう



住宅の見学は予約制で、営業時間は午前9時~午後6時(水曜・祝祭日休み)。
問い合わせは、同社(フリーダイヤル=0120・77・8000)。
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1573号・2016年2月26日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:923

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る