モデルルーム|(株)ファンスタイル|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2016年4月8日更新

モデルルーム|(株)ファンスタイル

沖縄県内でマンションや開発事業などの企画・販売を行う(株)ファンスタイル(城間和浩代表取締役)。同社が、大阪に拠点を置く(株)プレサンスコーポレーション(山岸忍代表取締役)と共同で建設を進めている「プレサンスロジェ嘉手納レーヴ」のモデルルームを訪れた。


Bタイプの約10畳のリビングダイニングと約5.3畳の洋室を一間に変更したモデルルーム。キッチンが独立型になっているA、Bタイプのほか、対面式のC、Dタイプも

 

海を望む便利な周辺環境
間取り広々、福祉も充実のエリア


沖縄県嘉手納町兼久の複合型商業施設「ネーブルカデナ」に隣接する「プレサンスロジェ嘉手納レーヴ」。2017年6月下旬に完成予定、7月下旬に入居開始予定の鉄筋コンクリート造地上14階建てで、全52戸の分譲マンションだ。

嘉手納町立嘉手納小中校区にある建設地周辺は、ネーブルカデナをはじめとした生活に便利な施設が充実しており、徒歩約4分の距離には設備の整った「兼久海浜公園」も。また、北谷町へは車で約10分とレジャーにも快適な環境にある。

(株)ファンスタイル営業部の喜納和将さんは、「国道58号から一歩入った住宅街にあり、敷地も広々としているので、住む人のプライバシーの面でも安心。暮らしの快適性に加え、高層階からは東シナ海も一望できます。嘉手納町は福祉も充実しており、子育てにも優しい環境ですよ」と、魅力をアピールする。

販売中の間取りは、4LDK角部屋のA、Dタイプと3LDKのB、Cタイプで、各戸ともリビングが広いバルコニーに面しているのが特徴。受付期間内なら間取りの変更やカラーセレクトも可能だ。

ネーブルカデナ敷地内にあるモデルルームでは、Bタイプの3LDKを2LDKに変更して展示。喜納さんは「収納がたっぷりあるので部屋が広く使えるほか、キッチンや洗面室などもゆったりとした造り。ぜひ、その目で住みやすさを実感していただきたい」と話す。


広い敷地にゆったりと建つ外観のパース。各戸2台の平置き駐車場も確保(提供/(株)ファンスタイル)


リビング横の約4・5畳の洋室は子供部屋にも便利。各部屋に収納スペースを備え、A・B・Cタイプにはウオークインクローゼットも


各タイプともリビングが幅約2mのバルコニーに面している。床には滑りにくい木目調のシートや高い手すりなどがある


同モデルルームの見学は予約した方がスムーズとのことで、営業時間は午前10時~午後8時(水曜休)。問い合わせは(株)ファンスタイル(電話 098・957・3300)まで。
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1579号・2016年4月8日紙面から掲載
 

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:827

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る