(株)アイエー住宅販売|生活動線を意識した設計|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2017年9月8日更新

(株)アイエー住宅販売|生活動線を意識した設計

[見てある記・一戸建て]今年6月に中部支店を沖縄市美里に構えた株式会社アイエー住宅販売(本社・埼玉県川越市、佐々木克宜代表取締役社長)。同社は、うるま市喜仲で「ハートフルタウン」として、2階建ての木造住宅を分譲中。現在は、全15棟中、6棟を販売している。

オリジナルの壁や金物で抜群の耐風性​


15畳のLDK。対面式のキッチンからは料理をしながらリビングが見渡せる。24時間対応の自動換気システムも導入され、過ごしやすい空間


県立具志川高校へ徒歩3分の場所に位置する木造の分譲住宅。保育園やコンビニは徒歩圏内に、車で数分の距離にはスーパーや県立病院もあり生活に便利な立地だ。4LDKと5LDKの2タイプを販売し、物件によっては、3台以上の駐車場を確保することもできる。

販売を担当する同支店の細野真広店長は、「長期保証と耐風性や耐久性が魅力」とPR。有償の防虫防蟻工事を行うなどの条件を満たせば、30年間保証が受けられる。また、国土交通省が指定した第三者機関から評価を受ける「住宅性能表示制度」では、耐震や耐風、劣化対策などの6項目において最高等級を取得。風速80メートルの強風にも耐えられるよう、一般的な金物の2倍の強度を持つオリジナルの金物や、国が定める最高強度の耐力壁を使用し、台風や地震対策も万全だ。

見学したA号棟は建坪約28.5坪の4LDKで、最大の特徴は、「生活動線を意識した造り」だ。玄関から直接洗面所に行ける造りは、子育て世代に便利な設計。対面式のキッチンからはリビングが見渡せ、料理中でも家族の様子を確認できる。また、6畳の和室は、収納スペースも充実し、客間としても寝室としても活用可能。2階には8畳の洋室と6畳の洋室があり、各部屋にはクローゼットも完備されている。

「木造住宅に関する疑問や不安には、県外で木造住宅を多数販売している実績を踏まえ、丁寧に答えます」と細野店長。木造住宅に住んだ自らの体験談も併せて説明するという。

営業時間は9時30分~18時30分。時間外での見学は要連絡。水曜定休。



6畳の和室。二つの窓からはたっぷりと明るい光が差し込む。布団や座布団を収納できるスペースも確保されている

玄関から直接洗面所や浴室へとつながる便利な設計。浴室には浴室乾燥機も完備され、雨の日の洗濯も安心

外装や外壁の素材、玄関のドアなどでそれぞれの雰囲気が異なる


<問い合わせ>
(株)アイエー住宅販売 中部支社
098-929-1188


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1653号・2017年9月8日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:827

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る