(株)松山産業|子育て世代に優しい設計「周辺環境の変化で利便性向上も」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2017年6月23日更新

(株)松山産業|子育て世代に優しい設計「周辺環境の変化で利便性向上も」

那覇市曙にある子育て支援マンション「フリーベル曙」が最終分譲中だ。販売を手掛けるのは(株)松山産業(本社・浦添市、伊差川武代表取締役社長)。壁の出隅に丸みをつけるなど子育てに安心の設計が特徴。近年中には新道路の開通も予定され、さらに利便性が高くなる地域だ。

子育て世代に優しい設計


キッチンやバルコニーからはLDKを見渡しながら、料理中や洗濯物を干している間も子どもの様子を見ることができる


「フリーベル曙」は10階建て3LDKの全25戸。1階は駐車場で、2台分の駐車が可能。オートロック式となっており、宅配ボックスや防犯カメラの設置などセキュリティー面の設備も充実している。

同マンションの一番の魅力は「子育てしやすい設計」であること。ミキハウス子育て総研(株)の100項目の評価基準をクリアし、子育て支援マンションとしての認定を受けている。トイレは親子で入れる広めの設計で、床に水を流しての清掃も可能。子どものトイレトレーニング時にも安心だ。窓には指はさみ防止機能、浴室の扉にはチャイルドロックがあるなど、細かい配慮もなされている。

また、各戸玄関の前には専用のポーチも設け、ベビーカーなどを置くスペースとしても利用できるなど、室内外にさまざまな工夫が満載。キッチン横ではインターホンの画面が確認でき、標準装備として食洗機が設置されているなど、女性にはうれしいポイントも多くある。ペットとの同居も可能で、1階のエントランス前には散歩時に重宝できるペットの足洗い場も設置されている。

曙幼稚園・曙小学校は徒歩約2分ほどで、周辺にはコンビニやスーパー、郵便局や銀行もあり、便利な立地も魅力のひとつ。販売を手掛ける同社営業部の小林哲さんは、「今後は浦添方面に延びる浦添北道路の開通や、県内大手スーパーの新店舗の開店が予定されている。さらに利便性が高い地域になるので、ぜひ見学に来てほしい」と話した。



1階のエントランスには、敷地内にある防犯カメラの映像をチェックできるモニターが設置されており安心


主寝室には窓が二つあり、たっぷりと明るい光が差し込む。出窓になっているため、インテリアも楽しめる


徒歩圏内には幼稚園や小学校があり安心して子どもを通学させることが可能(提供/(株)松山産業)


<見学についての予約・問い合わせ>
(株)松山産業
098-868-0505
http://www.matsuyamasangyo.com/
 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1642号・2017年6月23日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:827

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る