(株)サンクス沖縄|モデルハウス「教育、暮らしに利便性高く」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2017年6月9日更新

(株)サンクス沖縄|モデルハウス「教育、暮らしに利便性高く」

うるま市みどり町でエリア初の分譲マンションとなる「アレイールみどり町ファミーユ」。(株)サンクス沖縄(本社・那覇市、神田哲良代表取締役)が販売、完成間近だ。中心市街地という立地の良さから家族世帯に人気。全戸南東向き、朝の光と風が通る快適な住まいを提案する。

全戸南東向きで家事動線を効率的に

アレイールみどり町ファミーユ|見てある記
対面式キッチンからはLDKを見渡すことができるので、子どもの様子を見ながら安心して料理ができる

「アレイールみどり町ファミーユ」は6階建て3LDKの全20戸。1フロア4世帯のゆったりとした設計で、1階は駐車場で全戸2台分を確保。7月には完成、入居は8月を予定している。

同マンションの一番の魅力は立地だ。うるま市の中心市街地に位置し、周辺には市役所をはじめ、スーパーやコンビニ、銀行などがある。小学校は天願、あげなの2校があり、あげな中学校区域で教育環境も充実。また、具志川バスターミナルも近くにあるため、通勤、通学にも便利な場所にある。

販売を手掛ける同社の佐久川長剛課長は、「暮らしやすい環境が魅力。オートロックや防犯カメラ、宅配ボックスの設置などセキュリティー面にも配慮している」と説明。ガス衣類乾燥機や浴室乾燥機など、設備面の充実も挙げる。

室内の特徴は「家事動線を意識した間取りと収納」。キッチン横には勝手口があり、生ごみなどを外に出しておくことができるだけでなく、風が通り、心地良さにも配慮。また、浴室へは廊下とキッチンの両側から出入りできる2ウエイ設計となり、移動も効率的に。

各部屋にクローゼットがあり、廊下にも収納スペースを設けた。バルコニーは奥行き1.9メートル、幅7メートルの広さ。LDKにはワイドな出窓があり、インテリアの幅も広がる。佐久川課長は「ペットとの同居もOKです。エリア初の分譲マンションの魅力を実際のお部屋で見て触れてご体感ください」と話した。

見学は事前予約制。水曜日定休。

アレイールみどり町ファミーユ完成予想図|見てある記
隣にはコンビニなどがあり買い物も便利で、立地の良さが人気のポイントに(提供/(株)サンクス沖縄)


主寝室は7帖で、クローゼットが2つ設けられている。夫婦それぞれに分けて使うのもおすすめ


台所横の勝手口から入ると奥には洗面室と浴室がある。洗面室は左手の部屋に通じ、出入りも楽々


<予約・問い合わせ>
(株)サンクス沖縄
098-864-2600
受付時間は9時~19時まで
 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1640号・2017年6月9日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:827

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る