エールクリエイト(株) モデルルーム|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2017年1月27日更新

エールクリエイト(株) モデルルーム

沖縄市比屋根に完成間近のワイズベイシティ泡瀬。不動産の売買などを手掛けるエールクリエイト(株)(本社・那覇市、仲田憲仁代表取締役)が販売している。2月末には入居開始予定で、残りわずか。買い物や通学にも便利な場所だ。子育て世帯や、セカンドハウスとして本土からの購入者も多い。

買い物や通学に便利  2月末から入居開始 残りわずか


広々としたLDK。対面式キッチンは収納力をアップし、人造大理石やホーローなどの素材を使い、キズが付きにくくお手入れも楽に

同マンションは地上14階建てで全70戸。現在、販売されているのは2LDKと3LDKの4タイプ。2月には内覧会も予定され、同月末には入居が始まる。
徒歩10~15分の場所に小学校と中学校、買い物には徒歩1分でスーパーがあり、大型ショッピングモールにも車で約5分の近さ。県総合運動公園も徒歩圏内にあって、利便性や住環境の良さが購入者から評価されているポイントだという。
そのほか、同社のワイズマンションシリーズでは初導入となる「直達サービス」を導入。このサービスは、不在時でも新聞や荷物などを玄関先まで配達してくれるもので、提携業者だけが時間限定の暗証キーで出入りが可能に。暗証番号は2時間おきに変更され、セキュリティーも強化している。
また、暮らしの基本となる水にもこだわり、多機能ビルトイン浄水システムを完備。飲料水や料理用、シャワー、洗濯、トイレなど全室で使用でき、キッチンや風呂場では浄水したお湯が出る。24時間ゴミ出しOKのサービスをはじめ、ガス衣類乾燥機は標準装備で、日常生活の利便性にもこだわった。
販売しているエールクリエイト(株)営業部次長の新垣亮さんは「立地的な利便性に加え、6階以上からは海が見える。子育て世帯はもちろん、セカンドハウスとしても人気がある。2月末には入居が始まるので、ぜひ最終分譲の部屋を見に来てほしい」とPRしている。


収納を備え、白をベースにした内装でシンプルに仕上げられた室内


洗面所(手前)はクローゼットや洋室(奥)へ廊下を通らずに出入りできるタイプで、女性にも人気


地上14階建ての1階は駐車場と店舗、2階は駐車場(提供/同社)


モデルルーム営業時間は午前10時~午後7時(水曜定休、祝日除く)。
問い合わせは同社マンションギャラリー( 0120-229-295 )

 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1621号・2017年1月27日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:827

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る