株式会社 大成開発|徒歩でも便利な好立地|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2019年8月30日更新

株式会社 大成開発|徒歩でも便利な好立地

[見てある記・モデルルーム]南城市大里の(株)大成開発(名嘉原トモ子代表取締役社長)は、南風原町津嘉山に分譲マンション「クーガ津嘉山」を建設中だ。注文住宅や建売住宅の施工実績が豊富な同社が分譲マンションを手掛けるのは初。豊見城市真玉橋のマンションギャラリーを訪ねた。

タイプ多彩で長く暮らせる我が家

同ギャラリーでは2LDK・タイプ2を展示。LDKはキッチン横のバルコニーとリビング前のインナーテラスで明るく、奥の洋室の扉を開ければより開放的に


8月31日分譲開始の同マンションは2020年5月に入居開始予定。つかざんトンネル近くの区画整理地区内にあり、約1キロ圏(徒歩約10分)内にバス停や病院、小中学校、商業施設などが集中し、子育て世代にも高齢者層にも便利な立地だ。

鉄筋コンクリート造6階建て全25戸の間取りは、1LDK・2LDK・3LDKの全5タイプ。各タイプとも広々と明るいリビングダイニングと効率的な家事動線、ゆったりとした部屋割りで可変的なレイアウトができるのが特徴だ。

「一戸建て住宅の設計・施工でこれまで培ってきたノウハウを生かし、暮らしや家族構成の変化に柔軟な『ずっと住み続けられる我が家』がコンセプト」と、同社総務部の西原美喜絵さんは説明する。

同ギャラリーでは専有面積約24.5坪、2LDKのモデルルームを展示。エントランス正面奥にある19帖のリビングダイニングキッチンは、バルコニーやインナーテラスに囲まれ開放感が漂う。

個室2室は広々。エントランス近くに独立させた洋室のほか、リビングから続くL字型の洋室は家事室や書斎・子ども部屋など、仕切ることで多彩にアレンジできそうだ。

「住む人同士の交流の場として2階・4階に設けた共用スペースや、24時間対応可能なセキュリティーサービスなど、集合住宅の快適性や安全性も考慮。設備機器の使い勝手なども、ぜひご体感ください」と西原さんは案内する。

同ギャラリーの見学は予約にて。問い合わせは同社(098-943-0128)まで。営業時間は午前9時~午後5時(水曜・祝祭日休)。



エントランス近くの洋室は8.6帖。床材や建具、壁紙などを展示していて、早い時期なら好みの色柄が選べる


リビングから続くL字型の洋室は、7.8帖。仕切ることを考慮して照明やスイッチが取り付けられている



完成外観イメージ。1階駐車場の充足率は180%。「津嘉山バス停」まで徒歩1分(提供=大成開発)

現地案内図(地図



<問い合わせ>
(株)大成開発
電話=098-943-0128


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1756号・2019年8月30日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:778

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る