(株)アール・スタイル|大家族がゆったり暮らす|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

木立

モデルハウス&ルーム

見てある記

2019年4月12日更新

(株)アール・スタイル|大家族がゆったり暮らす

[見てある記・モデルハウス] スタイリッシュな木造規格住宅「ZERO-CUBE」(ゼロキューブ)を販売する(株)アール・スタイル(仲里勇一郎代表取締役)が、南城市大里でモデルハウスを公開中だ。家族の人数が多い沖縄の特徴に合わせて充実した間取り。好みの内装を豊富な種類の中からじっくり選べるのもいい。

自分好みのインテリア作り込みに専念

1階LDKは明るいアースカラーで統一した北欧スタイル。和室やウッドデッキで広がりある空間に。「人気のショップで購入した」家具はインテリアの参考にも

広い玄関ホールを抜けた先には、続き間の和室がある開放的なLDK。リビングと行き来できるウッドデッキや階段の吹き抜けから入る光で、部屋中が明るく照らされる。

同社住宅プランナーの後藤鮎美さんは「沖縄では、『子どもが多くて5~6人家族』とのご相談もよくあります。大家族がゆったりと暮らせるよう、パブリックスペースは無駄なく広く、個室を充実させた間取りに。趣味の部屋を持ちたい方にも人気」と話す。同モデルハウスは木造2階建ての5LDK。シンプルな箱型規格住宅の「ZERO-CUBE」に、1階和室・2階洋室の「BOX2」(ボックス ボックス)をつなげた。

1階は14帖のリビングダイニング、キッチン、和室、浴室と洗面室。「和室は洗濯物をたたんだり、寝転んだりできて、女性にも男性にも喜ばれます。引き戸を閉じれば寝室になります」。玄関ホールからキッチン、洗面室を横並びにし、家事動線をスムーズに。2階には主寝室と四つの洋室。トイレは両階にある。

「規格住宅だから設計の打ち合わせが早く済み、その分内装の作り込みに集中できるんですよ」。同モデルハウスは青緑の壁紙やシンプルなペンダントライトなどを使い、明るく温かみのある北欧テイストに仕上げた。「壁紙は200種類以上。照明、床、建具なども種類が豊富。入手しやすい家具でコーディネートしてるので、インテリアの参考にも」と後藤さんはほほ笑む。

土日は予約不要、平日は要予約で見学できる。予約・問い合わせは同社。電話=098-894-9798(営業時間:午前10時~午後5時、火・水定休)。



2階主寝室は落ち着きある演出。8.4帖と広々していて、クローゼットが二つあり、たっぷり収納できる
 


キッチンは4.5帖あり、2~3人でもゆったり料理ができそう。中央扉の先は玄関ホール、写真背面は洗面室につながる


取材したのは写真中央の「ZERO‐CUBE+BOX2」。両隣も見学ができ、間取りや内装を見比べるのも楽しそう

現地案内図・中城村(地図

<問い合わせ>
(株)アール・スタイル
電話=098-894-9798


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1736号・2019年4月12日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:638

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る