(株)浜里不動産|広々テラスで開放的に|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

モデルハウス&ルーム

見てある記

2019年3月8日更新

(株)浜里不動産|広々テラスで開放的に

[見てある記・建売住宅]本島中南部を中心に不動産仲介業や建売住宅販売を行う(株)浜里不動産が、中城村サンヒルズタウンで6棟の建売住宅を分譲中だ。高台に建ち、広々としたテラスとつながるLDKからは緑と青空を一望できる。充実した収納も魅力だ。

パントリー・納戸・物置たっぷり収納

見学した1号棟の2階LDKからテラスを望む。LDKの広さは14.3帖。写真左手側に対面キッチンがあり、緑豊かな景色を見ながら料理ができるのもいい

沖縄自動車道北中城ICから約6分、中城村の高台にある住宅地「サンヒルズタウン」は、村営バスが走り、宜野湾市へのアクセスも良好。斜面を上るように広がる同住宅地内の最高部に、浜里不動産が分譲中の建売住宅6棟が並ぶ。ピンク、ブルー、イエローなど棟ごとに外壁が違い、「外壁の色に合わせてアクセントクロスを変えているので、それぞれで室内の雰囲気が違いますよ」と、同社の浜里文章代表取締役。どれにしようか選ぶのも楽しそうだ。

同住宅は、各棟とも壁式鉄筋コンクリート造3階建て、建坪約34坪。間取りは3LDKで、1階に居室・洗面室・浴室、2階にLDKを配し、3階には屋内物置と天空テラスがある。高台の立地を存分に楽しめるのは、「広々とることができた」という2階LDKとつながる約10坪のテラスだ。丘陵の緑と青空が一面に広がり、4枚引き戸を開け放てば室内とテラスを一体的に使え、「開放的に暮らせると思います」。

「女性スタッフの意見を取り入れた」対面キッチンは、リビングダイニングから手元が見えないよう、高めのカウンターで仕切った。また、キッチン横にはパントリーと納戸があり、食材や鍋以外にもキャンプ用具などのかさばる荷物がスッキリ収められそう。

トイレは1,2階にあり、階で公私を分けられる。屋内物置のほか、廊下にも収納があり、「荷物が多い子育て世帯におすすめ。静かで住みやすい環境のよさを体感してほしいです」と浜里代表取締役はPRした。見学は事前に連絡すれば随時可能。問い合わせは同社(電話=098-835-8255)営業時間は午前9時30分~午後6時。


キッチン横のパントリーは天井まで届く棚式で、高さを自由に変えられる。その奥に納戸とトイレがある
 


張り出した窓辺から光を取り入れる1階洋室の広さは4.5帖。同階にある5.7帖の主寝室と5帖の洋室には、奥行き1.4メートルのテラスが付いている


写真右奥から1~6号棟が並ぶ。各棟とも駐車場3台分を確保した

現地案内図・中城村(地図

<問い合わせ>
(株)浜里不動産
電話=098-835-8255


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1731号・2019年3月8日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:574

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る