(株)ガーデン|共働きにうれしい設備|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2019年2月8日更新

(株)ガーデン|共働きにうれしい設備

[見てある記・建売住宅]本島中南部を中心に建売住宅の企画販売を行う(株)ガーデン(田港朝之代表取締役)が、沖縄市桃原で手掛ける全12棟のうち、4棟を先行販売中だ。忙しい共働き世帯でも家事が楽になる設備が充実。各棟の仕上げ材や照明を変え、買い手側の選択肢を増やしたのが特徴だ。

仕上げ材や照明にバリエーション

3号棟のLDKは淡い色の内装で爽やか。各棟ともLDKの広さは18.5帖。南と東に窓が設けられ室内は明るい。キッチン向かいにある二つのドアが子ども室

同社が分譲住宅12棟の建築を進めている沖縄市桃原は、住宅や畑が広がる静かな場所だ。「子育て中の共働き世帯におすすめです」とアピールするのは同社の兼浜皓樹さんと中山佑介さん。その理由の一つは、小中学校まで徒歩約10分以内と近く、買い物も沖縄市古謝のスーパーまで車で約5分と便利な立地だ。

先行で販売している4棟は鉄筋コンクリート造の平屋。間取りは主寝室と子ども部屋2室の3LDKで建坪は約24坪。LDKの先に設けられたバルコニーは庭のように使えそうだ。食器洗浄機付きの対面キッチンやその背面の食器棚、ガス衣類乾燥機と、「マンションだとオプションになる設備を常設」。家事の負担を軽減する、共働きにうれしい設備が光る。

中山さんは「室内演出はバリエーションを持たせ、好みに合ったものが選べるようにしました」と、各棟を案内する。間取りや設備などの仕様は同じだが、照明のデザインや、床・システムキッチン・建具・アクセントクロスの色などを変えており、撮影した3号棟はナチュラルで明るい雰囲気。2号棟は明るい茶系色をアクセントに、3号棟よりも落ち着きある演出だ。そのほか、ダークブラウンと白のコントラストがモダンな4号棟、淡い灰色で洗練された都会的な演出の1号棟がある。

兼浜さんは「スムーズに引き渡しできるよう、資金計画面でも親身にサポートします」と力を込めた。同住宅は平日は予約制で見学できる。予約・問い合わせは同社まで。電話=098-988-6663(営業時間・午前9時30分~午後8時、無休)。


脱衣室にはガス衣類乾燥機を標準で設置。写真左手のドアの先は屋外物干し場につながり、家事動線もコンパクト
 


6.1帖ある主寝室には全身鏡付きクローゼットを設置。3号棟は緑の壁紙がアクセント。南の高窓から光が差し込む


写真左の1号棟から4棟が並ぶ。各敷地52坪程度で「軽自動車3台は確実に止められる」と兼浜さん


現地案内図・沖縄市桃原(地図

<問い合わせ>
(株)ガーデン
電話=098-988-6663


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1727号・2019年2月8日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:587

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る