(株)共和ホーム|収納充実 可変的な平屋|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2018年12月14日更新

(株)共和ホーム|収納充実 可変的な平屋

豊見城市豊見城に本社を置き、南部エリアを中心に幅広い賃貸・売買物件を扱う(株)共和ホーム(上原直人代表取締役)は、12月いっぱいまで八重瀬町富盛でモデルハウスを公開中だ。家族構成や暮らしの変化に柔軟に対応できる3LDKの間取りを見学した。

女性目線でデザイン・利便性重視


南東に面した約18帖のLDKには大きめの窓から光が入る。カフェ風のインテリアに加え、トイレや浴室、子ども部屋にバリアフリーでアクセスできるのが特徴


ことし11月に完成した同モデルハウスは鉄筋コンクリート造の平屋。敷地面積約50坪、延べ床面積約25坪の3LDKの間取りだ。

同社不動産売買部の屋良啓太さんは「屋内がバリアフリーになっているほか、全室に大きめの収納を設け、家族構成や生活の変化に柔軟に対応できる間取り。女性スタッフの意見を生かし、使い勝手よくデザイン性が高い設備にもこだわりました」と案内する。

玄関を入って左手に広がる約18帖のリビングダイニングキッチンは、白壁を基調にピンクのアクセントクロスやペンダントライトなどを配したカフェ風のインテリア。

対面式のキッチン回りに大きめの収納やトイレ・浴室を集中させて家事効率に配慮したほか、トイレや浴室の間口を広めに取り、車イスも通れるようになっている。

キッチンを抜けた奥には子ども部屋に使える約5帖の洋室が2部屋。両室を仕切る壁は可動式になっており、家族構成の変化などに合わせて、続きの1部屋としても使えるよう工夫されている。

また、夫婦の寝室として使える約9.3帖の洋室を、玄関右手に独立させて配置。天井まで届く2帖ほどのクローゼットを設け、広々と使える空間が魅力だ。

「糸満市兼城に1棟、武富に2棟の建売住宅を建設予定。オール電化や『フラット35』対象住宅のご相談も承りますので、この機会に内覧にいらしてください」と屋良さん。

同住宅は予約にて12月27日(木)まで見学可能。問い合わせは同社(電話=098-856-4933)。営業時間:午前10時~午後6時(日祝休)。


キッチン奥の約5帖の洋室2間を仕切るのは、つり下げ型の可動式壁。続きの一間としても使え、収納もたっぷり


玄関右手には独立した約9.3帖の洋室が。壁の一面にグレーのアクセントクロスを用いて落ち着いた雰囲気を演出


住宅の外観。陸屋根で太陽光発電装置が設置可能。玄関前に2台分の駐車場、リビング前に約4坪の庭が


現地案内図・八重瀬町富盛(地図
<問い合わせ>
(株)共和ホーム
電話:098-856-4933


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1719号・2018年12月14日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:978

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る