(株)アイム・ユニバース|日常を「リゾート」に|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

モデルハウス&ルーム

見てある記

2018年8月10日更新

(株)アイム・ユニバース|日常を「リゾート」に

ギリシャ語で宮殿や王宮を意味する「バシレイオン」。アイム・ユニバース(本社・東京都・藍川眞樹代表取締役)が提供する木造住宅「バシレイオン琉球」は、その名の通り、上質な設備を導入した住宅ブランド。糸満市潮崎町で同ブランドの建売住宅を販売している。

モダンな木造住宅 水回りにこだわり


1階のLDKと和室。床も壁も白を基調としていて、清潔感があり明るい。キッチンはリビングダイニングと対面しており、家事をしていても家族の姿が見える

糸満市潮崎町に建つ木造住宅「バシレイオン琉球」は、モノトーンを基調とした2階建て3LDKのモダンな造り。2~3台分の駐車場と、芝庭が付いている。

同社の住宅コンシェルジュチーフの藤田卓真さんは、「バシレイオン琉球」のコンセプトを「毎日を、ぜいたくな気分で過ごせる“リゾート邸宅”です」と説明する。

「リゾート邸宅」ということで、特にこだわっているのが水回り。浴室は、16インチのテレビやジェットバスなどが標準仕様。一人でゆったり癒やされるのも良し、家族でコミュニケーションを楽しむも良し。「横並びの設備を導入するハウスメーカーが多い中で、高品質な設備を導入し、ぜいたくな空間を提供しています」と力を込める。台所には、収納たっぷりで食器洗浄乾燥機付の高品位ホーローシステムキッチンを採用している。

躯体は県外基準風速の約1.35倍の風速(毎秒46メートル)に対しても安全な強度を確保しており、台風時の強風にも耐えうる。標準仕様の制震システム「GVA(ジーバ)」と相まって「油断のない強度を保つ。GVAは震度7の振動に連続6回耐え、その強さが証明されています。災害から住まいを守る工夫を随所に行っています」と丈夫さをアピールする。

「まずは、実物を見に来ていただきたい。バシレイオン琉球はもちろん、注文住宅も請け負っているので、お気軽にご相談ください」。

見学は予約にて対応。問い合わせは同社(電話=0120・74・6477)。営業時間は午前9時~午後6時。



ホテルのような造りの浴室。4面パネル張りで、ラグジュアリーな雰囲気



キッチンは耐久性やメンテナンス性に優れた高品位ホーローのシステムキッチン。食器洗浄乾燥機も内蔵している



モダンな外観。芝庭と植栽の緑が「リゾート感」を演出している


現地案内図・糸満市潮崎町(地図
<問い合わせ>
(株)アイム・ユニバース
電話:0120-74-6477
 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1701号・2018年8月10日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:481

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る