(株)琉信ハウジング|便利で自然感じる好立地|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2018年6月8日更新

(株)琉信ハウジング|便利で自然感じる好立地

(株)琉信ハウジング(本社・那覇市、比嘉正彦代表取締役社長)が北中城村ライカム地区で、「フレスコア ザ・ライカム」を販売中。生活に便利な商業施設などが近く、周辺は緑に囲まれて自然を感じることができる。落ち着きある室内には、広々としたバルコニーから光が差し込む。

庭のようなルーフバルコニーも


キッチンからリビングダイニングを望む。リビングにある幅3.6メートルの4枚引き戸が開放感を与える。リビングの壁のアクセントには調湿機能のある素材を使用


イオンモール沖縄ライカムまで徒歩6分、総合病院や沖縄南インターチェンジにもアクセスしやすい「フレスコアザ・ライカム」。(株)琉信ハウジング営業推進部営業課の知念真二課長は「都会的で便利かつ自然を感じられるマンション」と話す。同マンションは東海岸を望む高台に建つ。公園予定地や低層住宅地、緑地に囲まれていて、周辺に高い建物が建たず、風や光、眺望が遮られにくい。近くに体育館もできる予定で、「便利で住み心地がいい立地」。11階建ての全47戸、間取りは2LDK~4LDK。1階部は駐車場になっている。

室内は壁と床材・建具などの色で強弱をつけ、「和モダンをイメージ」。調湿機能のある珪藻土(けいそうど)のタイルや木目調シートなどから壁のアクセントも選べる。各戸ともバルコニーは奥行き2メートルあるが、知念課長の一押しは16坪以上ある東向きのルーフバルコニーだ。「広々としたバルコニーは建物から突き出しているので空が開けて見え、まるで一戸建ての庭のように感じていただける思う」とPRした。

各戸の玄関横には普段使わない荷物が収納できる屋外トランクルームを完備。マンション全体に浄水設備が入っていて「キッチンでも風呂場でも、やわらかい水が使える」。

イオンモール沖縄ライカム南駐車場でモデルルームを公開中だ。知念課長は「残りわずか。ぜひモデルルームで心地良さを体感してほしい」とアピールした。入居予定は2019年9月。

<問い合わせ>
同社モデルルーム(直通電話=098-988-5453)
営業時間は午前10時から午後7時(水曜定休)



室内は淡いグレーの壁とダークブラウンの床材や建具を使用し、落ち着いた雰囲気がある


寝室は約6帖。各個室にクローゼット完備


バルコニーは奥行き2メートル、広さ約9帖。ほとんどの部屋が東向き。海から昇る朝日を感じながら朝食をとるのもいい


現地案内図・北中城村比嘉(地図

<問い合わせ>
(株)琉信ハウジング
電話:098-988-5453
 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1692号・2018年6月8日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:871

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る