(株)クチーナ沖縄 沖縄ショールーム|要望実現へ最大限の努力|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2017年9月22日更新

(株)クチーナ沖縄 沖縄ショールーム|要望実現へ最大限の努力

[見てある記・キッチン]オーダーメードのシステムキッチンを中心に販売する(株)クチーナ沖縄。今年7月に展示商品の入れ替えを行った沖縄ショールームでは、タイプの異なるキッチンを展示し、住宅を新築する人やリフォームを予定している人が訪れる。

充実の品ぞろえで個性的なキッチンを


白を基調とし、人工大理石を使用したシステムキッチン。収納スペースが豊富で、炊飯器やポットなどを隠すことができ、生活感を感じさせない雰囲気も魅力的


宜野湾市大山にショールームを構える同社の強みは、それぞれの客に合った商品を組み合わせて販売できるところだ。多様化した現代のライフスタイルに合わせて、キッチンの高さや色だけでなく、シンクやコンロの配置、デザインなど細かい部分まで自分の理想を追求できる。「お客さまが作る頻度の多い料理や家族構成、食器や鍋の数まで聞いている」と笑顔で語るのは同社取締役の比嘉智恵子さん。それらの情報から、収納スペースや料理に応じた使いやすいコンロなどを考えるのだという。住宅を建てた自らの経験も併せて話し、常にキッチンを使う人の目線で考えるように心掛けている。

店内には色や素材が異なる5タイプのキッチンが並び、食料を豊富に備蓄できるパントリー付きや、料理をしながらパソコンができるカウンター付きなど、珍しいタイプの商品も展示されている。現在人気があるのは家族とのコミュニケーションが取りやすい対面型。7月からは人工大理石を使用したIHコンロ付きの対面型キッチンの展示も開始した。

キャビネットの扉の素材は約80種類から選ぶことができ、自分好みの色に塗装することも可能。女性スタッフもおり、女性目線での細かいアドバイスができる点も魅力だ。

「予算の範囲内でできる限りの努力をしてお客さまの要望に応えたい。自分の要望が実現できるか不安な方はぜひ相談してほしい」と比嘉さんは呼び掛ける。



シンクとコンロの後ろにはパソコンでの作業も可能なカウンターを設置。料理の盛り付けの際にも活用できる

ドイツ製のオーブンの横には食料品を保管できるパントリーを設置。防災食などを備蓄するのにも便利

入り口からも店内に展示されたキッチンがよく見える


<問い合わせ>
(株)クチーナ沖縄 沖縄ショールーム

沖縄県宜野湾市大山6-25-6(地図
098-942-9125

営業時間
月~土曜日 9時~18時
日曜日  10時~18時
年中無休(年末年始・GW・旧盆除く)


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1655号・2017年9月22日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:985

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る