喜納建設|環境に合わせ無駄なく住みやすく「住む側の目線で英知集結」|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

見てある記

2017年7月14日更新

喜納建設|環境に合わせ無駄なく住みやすく「住む側の目線で英知集結」

住宅等の施工を専門とする喜納建設(本社・沖縄市、喜納正昇代表)がうるま市前原でモデルハウスを公開中。設計担当のcasastudio、C・DESIGNの3社それぞれが専門知識を共有し、住む人の満足度が高い家づくりを追求した。

住む側の目線で英知集結


21帖のリビングダイニング。家電がすっきり収まる収納のほか、モザイクタイルで仕切られたキッチンとの間には高窓付きの吹き抜けも


敷地面積約100坪の土地に立つ同モデルハウスは、南側以外の三方を住宅やアパートに囲まれ、プライバシーの確保が難しい立地。「制限の多い土地だからこそ、それぞれの専門知識をぶつけ合い、住む人の立場に立った快適な住宅づくりを切磋琢磨しました」と、喜納建設の喜納敏郎専務は語る。

建坪約31坪、壁式鉄筋コンクリート造3LDKの平屋は、家族が共有するリビングダイニングキッチンを家の中心に据え、ベッドルームなどの洋室3部屋を独立した構造に。近隣の視線が気になる東西北面は、すり板ガラスや内倒し窓、高窓などが光と風を取り込みつつプライバシーを確保。南側ではリビングの大きな掃き出し窓が目線を庭に導くほか、玄関の安全性の高いすり板ガラスのスライドドアからも光が入る。

また、各部屋に大きく取った収納には、整理棚やコンセント、換気扇などを設けて、シンプルに広々と使える間取りを提案。さらに3カ所に坪庭を置いて「非日常」を演出するなど、意匠性をも意識した工夫が随所に見られる。

「私どもは価格・安全性・耐久性・デザインなど、あらゆる面においてお客さまが納得できる家づくりを目指します。制限の多い土地についても、快適に暮らすためのご相談に乗りますので、まずは見学に来てください」と、喜納専務はアピールする。



使い勝手のいい収納たっぷりのキッチンは5.4帖と広々。火の神スペースやリビングとつながる小窓も便利


ホーローバスがある浴室には、隣近所からの目隠しにもなる出窓風の坪庭があり、外光や風を取り入れられる


南側の9帖の主寝室。収納棚や換気扇つきの3帖のウオークインクローゼットがある


<予約・問い合わせ>
喜納建設
098-937-5587
営業は午前9時~午後6時
定休日/日曜
同住宅の見学は完全予約制


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1645号・2017年7月14日紙面から掲載

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:978

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る