[モデルハウス]オーガニックハウスを体感|(株)沖縄シャングリラ|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

モデルハウス&ルーム

ライフアップステーション

2017年6月16日更新

[モデルハウス]オーガニックハウスを体感|(株)沖縄シャングリラ

(株)沖縄シャングリラ(本社・名護市、万代悟代表取締役社長)の新しいモデルハウスが八重瀬町東風平に完成した。建築界の巨匠フランク・ロイド・ライトの思想を継承した木造の注文住宅「オーガニックハウス」の魅力を存分に体感できる。

ライトの思想受け継ぐ木造住宅

新しく完成したモデルハウス「アザレア」は、フランク・ロイド・ライト財団が認定する「オーガニックハウス」の一つ。内部空間と外部を程よく一体化させた点が特徴だ。室内は、極力仕切らずに空間を独立させ、家族同士が適度な距離で存在を感じられるように設計されている。

玄関は、外から内へレンガで描かれた水平なラインが続く。玄関を上がり、洗面所やトイレがある廊下を抜けると、天井が高くなったダイニングへ。その先には2段のステップを上がり、吹き抜けの大空間となっているリビングルームへとつながる。

万代社長は「段差があることで、リビングルームに入るとき、視線は自然と一度足元へ移る。そこから吹き抜けの空間に入ると、視線が下から上へと縦に動くので、より高さを体感できる」と説明する。

バリアフリーの考え方が広がる中で、この家の空間づくりはあえて段差を設けている。そのことによって、「段差を越える」という動作で空間の変化を意識させるのだという。

また、それぞれの空間に合わせて、間接照明やスポットライトなどを組み合わせ、必要な機能と居心地の良さを結びつけた。万代社長は「弊社は自由設計での実績とノウハウがあります。このモデルハウスを基にお客さまそれぞれの要望に応えていきたい」と笑顔で話した。

見学は事前予約制。


リビングは吹き抜けになっており、ソファ部分はあえて天井を低くして、ライティングにも変化をもたせた


暮らしの中心となるキッチン。玄関や和室、ダイニング、リビングと全てが見通せる


外壁と足元のレンガが階段状に室内へ続く玄関。レンガが描く水平なラインがつながり、外と内に一体感も


直線的なライン、窓の並びが個性豊かな表情を作り出す


現地案内図
八重瀬町東風平(地図


<予約・問い合わせ先>
沖縄シャングリラ 南部支店
098-987-4150
受付時間は9時~18時まで
http://www.oki-shangrila.jp/
 


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1641号・2017年6月16日紙面から掲載

ライフアップステーション

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:921

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る