建売住宅|(有)ダイキ |タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

こども絵画コンクール

モデルハウス&ルーム

見てある記

2016年7月22日更新

建売住宅|(有)ダイキ 

沖縄県沖縄市を中心に、賃貸物件の紹介、管理や一戸建て住宅の販売なども行う(有)ダイキ(眞喜屋民子代表)は、うるま市石川の区画整理地区で2棟の建売住宅の販売を始めた。3LDKの間取りに加え、近隣にスーパーが立ち並び宮森小まで徒歩1分の立地の良さも魅力だ。


家の中心にある20畳のLDK。白と茶を基調に、落ち着いた雰囲気。キッチンは対面式で、料理をしながらも家族の様子に目が届く


高速近く 立地の良さ魅力

徒歩5分圏内に小学校やスーパー

沖縄自動車道石川インターから車で2分、新興住宅街として発展著しい沖縄県うるま市石川1丁目に建つ「宮森戸建」は、(有)ダイキが取り扱う建売住宅で、ことし4月に完成した。

同社の営業主任、喜屋武大亮さんは「高速に近く北にも南にもアクセスが良い。スーパーやドラッグストア、衣料品店や県内唯一のマックカフェも徒歩圏内にある。とにかく生活環境が良い」とアピールする。うるま市立宮森小学校まで徒歩1分の上、公園も近くにありファミリー世帯におすすめだそう。

間取りは平屋の3LDK。20畳ある広々したLDKの周りに三つの個室が配置されている。玄関から入ると、家族の集うLDKを通ってから個室へ行く間取り。「家族の顔が見える造り」と話す。
キッチンは対面式。カウンターが一体となっており、キッチンに居ながら料理が提供でき、片付けもラクラク。収納もたっぷり設けられている。

キッチンの北東側には洗面脱衣所とバスルームを配置。洗面脱衣所には洗濯機置き場があり「ガス衣類乾燥機も完備。忙しいお母さま方に重宝していただけると思います」と話す。

各個室にクロゼットが付いているほか、駐車場がたっぷり4台分あるのも魅力だ。
喜屋武さんは、「うるま市石川は今後、まだまだ発展していくと思う。土地や建物の値段も上がっていくことが予想される」と話した。



対面式のシステムキッチン。シンク向こう側のスペースが広く取られていて、カウンターテーブルとしても使える


各個室にクロゼットが完備されている


駐車場は4台分もある。広々としていて大きな車でも停めやすい



同住宅は見学もできる。事前申し込みが必要。営業時間は午前9時~午後6時(日曜・祝日休)。
問い合わせは(有)ダイキ(電話 098-929-1400 )
 

毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞 第1594号・2016年7月22日紙面から掲載
 

見てある記

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:805

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る