[情報]インテリアンの島袋さん 100均材料でアンティーク風塗装|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

こども絵画コンクール

NEWS

2019年2月15日

[情報]インテリアンの島袋さん 100均材料でアンティーク風塗装

「ようこそ♪ DIYの世界へ」を本紙で連載しているインテリアンの島袋清成さんは2月11日、「アンティーク風リメイク缶づくり」のワークショップを沖縄市のトリップショットホテルで開いた。親子連れなど20人が参加した。

イベントではまず、島袋さんが塗料を塗り重ねてサビを表現する「エイジング」という技法について説明。島袋さんの「下地の塗料はあえて凹凸をつけるようにして塗れば、サビの浮きが表現できる」「上から塗る塗料はかすれさせるように」などアドバイスを聞きながら、参加者らは缶を赤さびがついたようにペイントしていった。材料は100円均一ショップで手に入るものだけを使った。

うるま市から参加した宮里勝江さんは「今まで自己流でやってみたけど、うまくいかなかった。先生に教えてもらったり、周りの人の感性を参考にして、一人でやるよりも視野が広がった気がする。ガーデニングでも応用してみたい」。沖縄市の山内葵さん(9)は「サビっぽく塗るのが難しかったけれど、きれいにできた。家でもまた作って、植物を植える鉢にしたい」と楽しんだ。


塗り方のアドバイスをする島袋さん=左

TOPへ戻る