[情報]第一三興建設が新工場オープン うるま市にアスファルトプラント|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

オール電化|沖縄電力

NEWS

2018年8月10日

[情報]第一三興建設が新工場オープン うるま市にアスファルトプラント

(株)第一三興建設(那覇市)が6月27日に、うるま市州崎でアスファルトプラント工場「中部アスコン州崎工場」の開設記念式典を行った。糸満市の南部アスコン西崎工場に続く第二の工場で、定置式アスファルトプラントとしては、沖縄本島で初めての「1社2工場」体制となる。

同工場はスマートAPプラントを採用。最新技術導入でコンパクト化し、プラント全体をシェルターで囲い騒音・粉じんの軽減や粉じん防止策を設置して周辺地域の環境にも配慮した。

式典で山城一三代表取締役=下写真=は「うるま市に拠点を持ち中北部への需要に対応していきたい」とあいさつした。

TOPへ戻る