[最優秀賞・優秀賞]第5回こども絵画コンクール入賞作品が決定!|タイムス住宅新聞社ウェブマガジン

沖縄の住宅建築情報と建築に関わる企業様をご紹介

タイムス住宅新聞ウェブマガジン

お住まい拝見

巻頭特集・企画

2020年10月30日更新

[最優秀賞・優秀賞]第5回こども絵画コンクール入賞作品が決定!

子どもたちの夢の家を募った「第5回こども絵画コンクール」(主管・タイムス住宅新聞社、共催・インテリア産業協会沖縄支部)の入賞作品を一挙に紹介する。応募総数393点の中から最優秀賞に輝いたのは、廣澤壱汰さんの作品。今回の応募作品は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、海やスーパー、動物園にいる動物たちなど、普通の住宅にはない要素が描かれた作品が目立った。

 第5回こども絵画コンクール 入賞作品 

コロナ禍でも夢ある家


◇◆最優秀賞


廣澤壱汰さん 久米島町立久米島小1年
『どうぶつスマイル』

階段がたくさんあって、ひみつきちのような、たのしい家です。大きなガラスのまどから、動物たちがたくさん見えます。動物たちもお気に入りの家です。

◇◆受賞コメント
「大きな紙に絵を描くのが好き。好きなことで賞を取れてすごくうれしいです! 動物をもっと描きたかったけれど、紙に入りきらなかったのが残念。憧れの丸い窓や暖炉がある家にできたのがお気に入り。壁の模様を部屋ごとに変えて細かく描いたり、屋根のれんがの色を作るのが大変だったけれど、とても楽しく描けました」

 審査講評  色彩豊かな秘密基地
  • きっと絵を描くことが好きなのでしょうね、その楽しさが伝わってきます。1年生にして細部までとても丁寧に表現しているところがすごい! 多色使いで物の観察力には目を見張るものがあります。(江橋)
  • 真ん中に元気で躍動感あふれる「僕」がいる。いくつもの階段がある「秘密基地」のような部屋で、みんなが楽しく過ごしている様子が見えます。庭で木登りをしている動物は、島の風景を眺めているのでしょうか。家族も動物もスマイルいっぱいのアットホームな雰囲気が感じられる作品です。(山田)
  • 「どうぶつスマイル」ステキなタイトルですね。とても色彩が豊かで、子どもたちの笑顔とたくさんの動物たちを見るだけで笑みがこぼれます。今年はコロナ禍の影響でしょうか。動物との触れ合いを描いた絵が多く感じられました。(山城)


◇◆優秀賞(4点)



山内昌橙さん 糸満市立兼城小1年
『きのいえで みんななかよし』

大好きな虫や動物たちと仲良く暮らせる家です。動物たちとブランコに乗ったり木の上で遊んだりしたい。オウムを描くのが一番難しかったけど、たくさんの動物を描けて楽しかったです。頑張って描いたので、賞がもらえてうれしい!

 審査講評 
大きな木の幹の家で動物たちと暮らし、家族でお昼ごはんを楽しく食べている様子が伝わります。コロナ禍でも「みんなで仲良く」を大切にして暮らせる家ですね。木の幹の家が丁寧に描けていて、見上げる表現がいいですね。最後までしっかり色ぬりを頑張ったことも伝わります。(金城)




西原あいささん 西原町立坂田小2年
『おかしとフルーツの家』

家族・友だちと、大好きなお菓子やフルーツを食べながらゆっくりできる家を描きました。絵に描いた友だちに「賞を取ったよ!」と伝えて一緒に喜びたいです。バナナを描くのが難しかったけど、ほしかった2段ベッドが上手に描けました!

 審査講評 
大好きなものに囲まれ、友だちと楽しく遊びたいという思いが詰まった作品ですね。お菓子が流れるウオータースライダー、お菓子のなる木、たくさんのフルーツがある部屋など、友だちと楽しく遊ぶためのアイデアが光っています。家族も友だちもみんながハッピーになる「家」だと思いました。(山田)




大城良介さん 那覇市立天久小3年
『大好きな空でくもの中のカラフルパーティー』

コロナが広まらないよう、家の空気をきれいにするため、上の階に花を咲かせました。描いていたら楽しくなっていっぱい植えました。左の階は動物たちとパーティーができ、嫌なことを忘れて、良いことが起こる部屋。右の階はカラフルな魚が見られる水族館です。去年と同じ賞をもらえたことが一番うれしい!

 審査講評 
笑顔がとてもステキで、表情も豊か。色彩や絵のタッチから優しさが感じられます。子どもの視点で捉えたコロナ感染予防策や楽しい場づくりの提案には、感心とともに子どもの心情を垣間見ることができました。晴れやかな日々が早く戻るといいですね。(山城)




我如古亜美さん 西原町立坂田小6年
『読書大好き、本の家』

図書館のようにたくさんの本に囲まれた家で、家族みんなで仲良く楽しく暮らせたらいいな。受賞できると思っていなかったので、とてもうれしい。大きさや形を変えて、たくさんの本棚を描くのが楽しかったです。配色が片寄らないように工夫しました

 審査講評 
本がたくさん描かれていて本当に大好きなことが伝わってきます。本棚・テーブル・ソファなどの奥行きまで表現されていて、このまま設計図面として家が建てられそうな書き方。素晴らしいです。(江橋)


\第5回こども絵画コンクール 入賞・入選紹介/
タイムス住宅新聞社賞・インテリア産業協会賞・審査員特別賞
入選者名簿
総評・審査の様子
[展示会案内]スクエア泡瀬で11月8日まで!
[協賛企業]こどもの未来を応援します

 
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞
第1817号・2020年10月30日紙面から掲載

巻頭特集・企画

タグから記事を探す

この連載の記事

この記事のキュレーター

スタッフ
週刊タイムス住宅新聞編集部

これまでに書いた記事:871

沖縄の住宅、建築、住まいのことを発信します。

TOPへ戻る